僕は猫だった

オーディオマニアによるイヤホン/ヘッドホンのレビューブログ

【使用比較】ゼンハイザー完全ワイヤレスイヤホンのおすすめとそれぞれの特徴・違い

完全ワイヤレスイヤホンコレクターの猫居です。

今回はドイツの老舗オーディオブランドSENNHEISER(ゼンハイザー)の完全ワイヤレスイヤホン(TWS)について比較分析していこうと思います。

ゼンハイザーは音質の良さで有名ですが、完全ワイヤレスイヤホンの分野でもそのクオリティは健在です。

数多くTWSを使用してきましたが、ワイヤレスイヤホン選びの有力候補となるブランドなのは間違いないでしょう。

僕自身はスポーツ用の『SPORT True Wireless』以外すべてのゼンハイザーTWSを所持・使用してきました。

旧モデルでもまだまだ現役で活躍できる性能のものもあり、見た目が似ているイヤホンが多いためどれを買えばいいか迷う方も多いと思います。

そこで今回は使ってきたからこそわかるゼンハイザーの完全ワイヤレスイヤホンの特徴や違い、そしてイヤホンごとのターゲット層について説明していきます。

完全ワイヤレスイヤホンにおけるゼンハイザーの特徴・傾向

エントリーモデルの『CX』シリーズとハイエンドモデルの『Momentum』シリーズの2種類がメインで発売されています。

それに加えてスポーツモデルの『SPORT True Wireless 』という構成です。

CXシリーズはエントリーといってもミドルクラスの価格帯。

安価なモデルが無い分、音質に妥協がないのが最大の特徴です。

広大な音場と聴き疲れしない上質なサウンドが共通点。

どのイヤホンを選んでもゼンハイザーらしい音を楽しめるので満足感は高いです。

ゼンハイザー完全ワイヤレスイヤゴンそれぞれの特徴と違い

発売順に辿ってきた変化を紹介

ゼンハイザーTWSの特徴を発売順に説明していきます。

どう変わっていったのかを知ることで大体の違いと各イヤホンのイメージが掴めると思います。

MOMENTUM True Wireless(MTW)の特徴とおすすめな人

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/catpaper/20181228/20181228131517.jpg

  音質 コーデック ノイキャン BASSブースト
MTW
低音寄り
SBC
AAC
aptX
aptX-LL
- -

音ゲーをTWSでしたい人にオススメ

2018年発売のゼンハイザー初の完全ワイヤレスイヤホン。

当時約4万円。

最近ではAmazonで18000円弱で買えます。

広大な音場に中毒性の高い濃厚な低音が魅力。

ノイズキャンセリングはありません。

さすがに古いので普通に音楽を聴くだけが目的なら出番は無いのですが、一部の人にとっては非常に有用なイヤホンです。

実はこの初代MOMENTUM True Wirelessは超低遅延コーデックのaptX LLに対応している数少ない完全ワイヤレスイヤホンなのです。

最近のTWSには低遅延モードが搭載されていたり、高音質・低遅延を謳うaptx Adaptive対応のものもありますが、それ以上の低遅延。

有線とほぼ大差ないレベルの遅延を達成しており、音ゲーなどをワイヤレスでするなら必須のコーデックと言われています。

音質的にも上質なゼンハイザーサウンドを楽しめますし、完全ワイヤレスイヤホンでゲームをしたい人にとっては未だに有力な選択肢です。

MOMENTUM True Wirelessの詳細レビュー

MOMENTUM True Wireless 2の特徴とおすすめしない理由

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/catpaper/20200422/20200422140654.jpg

  音質 コーデック ノイキャン BASSブースト
MTW2
フラット寄り
SBC
AAC
aptX
-

廉価版が出ているので‥

2020年発売の2代目MOMENTUM True Wireless。

Amazon販売価格は25000円弱。

広大な音場はそのままに解像感がアップ。

低音はやや抑制的になってフラット寄りに。

全体的な見通しが良くなりました。

イヤホンサイズが小型化して装着感も良くなるなど全体的にパワーアップした印象を受けました。

しかし、MOMENTUM True Wireless 1の中毒性の高い低音が忘れられないという声も結構多かったようでこの違いがのちの製品開発に少なからず影響を与えたと思われます。

(低音好きのためにBASSブーストモードの実装)

なお、ノイズキャンセリング機能を搭載していますが今の基準でみると効果はかなり弱めです。

いま見ても良いイヤホンですが、後述のCX Plus True WirelessがMOMENTUM True Wireless 2の廉価版としてリリースされています。

今から買うなら性能的にもあちらを選んだほうが良いでしょう。

MOMENTUM True Wireless 2の詳細レビュー

CX 400BTとCX True Wirelessの違い、それぞれの特徴

  音質 コーデック ノイキャン BASSブースト
CX 400BT
フラット寄り
SBC
AAC
aptX
- -
CX TW
低音寄り
SBC
AAC
aptX
-

ノイキャン不要でコスパ良くゼンハイザーサウンドを楽しみたい人にオススメ

発売時期としてはCX 400BTが出たあとにCX True Wirelessがリリースされました。

どちらもノイズキャンセリング無しのエントリーモデル。

Amazon販売価格は14000円前後。

CXシリーズから既存イヤホンと比べて装着感と遮音性がさらに向上しています。

まずCX 400BTについて。

こちらはMOMENTUM True Wireless 2と同様のドライバーを使ってガワを変えた廉価版。

音の傾向もMOMENTUM True Wireless 2とほぼ同じでフラット寄りな音に広大な音場、1万円台でこの音が味わえるコストパフォーマンスは凄いです。

次にCX True Wireless。

こちらもMOMENTUM True Wireless 2と同等のドライバーが使用されています。

しかし音質的にはどちらかといえばMOMENTUM True Wireless 1に近いサウンド。

低音に量感があり、情感溢れるサウンドが聴きたいならこちら。

どちらもノイズキャンセリング無しでいいなら格安でゼンハイザーサウンドが楽しめるという意味で1つの選択肢となるでしょう。

CX 400BTの詳細レビュー

CXシリーズの音質の違いについて

CX Plus True Wirelessの特徴とおすすめな人

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/catpaper/20211008/20211008154640.jpg

  音質 コーデック ノイキャン BASSブースト
CX Plus TW
フラット寄り

SBC

AAC

aptX

aptX Adaptive

他社ハイエンドイヤホン並の性能をミドル価格でGETしたい人にオススメ

CX True Wirelessにノイズキャンセリングが搭載されたモデルとして登場。

Amazon販売価格は2万円弱。

Amazoの販売ページをみても同じページ内で両方が売られており、違いはノイズキャンセリングの有無しか無いように見えます。

しかし実際は音の傾向からして違います。

CX Plus True WirelessはどちらかといえばMOMENTUM True Wireless 2に近い音であり、CX 400BTにノイキャンがついたといったほうが実態に近いです。

aptXAdaptiveに対応しているなど既存シリーズよりスペック面でも優れており、ノイズキャンセリングもMOMENTUM True Wireless 2よりはるかに強力。

さらにCX True Wirelessからバスブーストモードで低音を強化できるようになっています。

元々低音の強いCX True Wirelessではあまり必要のない機能でしたが、CX Plus True Wirelessでは大いに意味あり。

低音の量感を調整できるようになったことでMOMENTUM True Wireless 1と2、両方のファンを取り込むことに成功したと思います。

音質・機能の両面で非常にコストパフォーマンスの高い1万円台TWSの定番と言える素晴らしいイヤホンです。

手の出しやすい価格なこともあってゼンハイザーイヤホンの中でも特にオススメです。

CX Plus True Wirelessの詳細レビュー

MOMENTUM True Wireless 3の特徴とおすすめな人

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/catpaper/20220520/20220520182826.jpg

  音質 コーデック ノイキャン BASSブースト
MTW3
深い低音

SBC
AAC

aptX
aptX Adaptive

とにかく最高のTWSが欲しい人にオススメ

2022年にリリースされたゼンハイザー最新のハイエンドイヤホン。

Amazon販売価格は36000円前後。

有線高級イヤホン並の音質に超強力なノイズキャンセリング。

装着感も圧迫感を軽減してより軽い付け心地に改良されています。

全てが最高を更新した代わりに値段も大幅にアップ。

個人的には今すべての完全ワイヤレスイヤホンの中で一番のお気に入りです。

予算が許せばぜひ味わって欲しい高級有線イヤホン並の高音質。

MOMENTUM True Wireless 3の詳細レビュー

SPORT True Wirelessの試聴感想

  音質 コーデック ノイキャン BASSブースト
SPORT TW フラット寄り SBC
AAC
aptX
- -

Amazon販売価格は17500円ほど。

こちら試聴しただけなので詳しい評価やオススメかどうかなどは言及できませんが、簡単に試聴感想を。

印象としては変にスポーツ用に派手な味付けなどはせずにゼンハイザーらしいゆとりあるサウンドでした。

装着感はしっかりスポーツ向きにフィット性が整えられていましたね。

ノイズキャンセリングは搭載していない代わりに外音取り込み機能が多彩かつ高性能。

名前の通りスポーツする人向けという感じですが通常リスニングも十分楽しめそうです。

まとめ

最後にこれまでのゼンハイザーの完全ワイヤレスイヤホンに関する情報をまとめて終わりたいと思います。

コスパの良い全部入り

CX Plus True Wireless

コスパの良いノイキャン無し

→低音寄 CX True Wireless

→フラット寄 CX 400BT

現環境で最強の完全ワイヤレスイヤホン

MOMENTUM True Wireless 3

音ゲーもしたいなら

初代MOMENTUM True Wireless

スポーツでも使いたいなら

SPORT True Wireless

  音質 コーデック ノイキャン BASSブースト 参考価格

MTW

低音寄り

SBC

AAC

aptX

aptX LL

- - 18000円弱
MTW2

フラット寄り

SBC

AAC

aptX

- 25000円前後
CX 400BT

フラット寄り

SBC

AAC

aptX

- - 14000円前後
CX TW

低音寄り

SBC

AAC

aptX

- 14000円前後
CX Plus TW

フラット寄り

SBC

AAC

aptX

aptX Adaptive

20000円弱
MTW3

深い低音

SBC

AAC

aptX

aptX Adaptive

36000円前後
SPORT TW フラット寄り

SBC

AAC

aptX

- - 17500円前後