僕は猫だった

オーディオマニアによるイヤホン/ヘッドホンのレビューブログ

【重低音TWS聴き比べ】JVC HA-XC72Tをレビューします!【XXシリーズ】

スポンサードリンク

JVC HA-XC72T Review

投稿日:2022年6月28日

更新日:2022年8月9日 評価の修正

  • 圧倒的な重低音
  • 低音に潰されず中~高音もちゃんと鳴る
  • コンパクトで使い勝手も良い
  • ノイキャンはいまいち
  • 冷静になるとHA-A30Tで良い気がしてくる
総合評価
 
8/10

完成度はかなり高い

完全ワイヤレスイヤホンコレクターでイヤホンレビュー歴7年目となります、猫居です。

コレクターならではの『比較』を意識した視点でイヤホンの特徴をお伝えしていきます。

今回レビューするのはJVCの完全ワイヤレスイヤホンHA-XC72T(Amazonリンク)

重低音と堅牢な造りで定番人気となっているXXシリーズのイヤホンですね。

まずは音質・ノイキャンなどの各評価をみていきましょう。

音質
 
8/10
ノイキャン
 
4/10
外音取り込み
 
8/10
装着感
 
7.5/10
使い勝手
 
8/10
通話品質
 
6/10

圧倒的なキレと迫力のある低音が魅力。

以前レビューしたVictorのHA-A30Tとベースは同じ物が使われているようです。

操作方法やノイキャンなどの機能面までほぼ同じものでした。

それをベースに低音と防塵・防水性能をプラスしたという感じです。

HA-A30Tが物凄く良く出来たTWSなので当然HA-XC72Tも外れません。

詳細評価については目次より各項目をご覧ください。

他のイヤホンとの比較を通してメリット・デメリットお伝えします。

イヤホン選びに迷ったら!【比較で判る】コレクターおすすめの完全ワイヤレスイヤホン6選【価格帯別】

 

HA-XC72Tのスペック評価

<基礎データ>
HA-XC72T
連続再生時間

約7.5時間(ANC使用時)

約17時間(ケース込/ANC使用)

コーデック SBC・AAC
防水性能 IP55
機能

ノイズキャンセリング機能

外音取り込み機能

低遅延モード

バスブーストモード

急速充電(10分→1時間)

専用アプリで出来ること

専用アプリ無し

 

ミドルクラスの完全ワイヤレスイヤホンとしては専用アプリが無いのは少しさみしいところですね。

ただ音の変化はバスブーストモードでつけられますし、低遅延モード・バスブーストモード共にイヤホン本体から操作可能。

すべての操作をイヤホンで賄えるのでそれほど問題はなさそうです。

HA-XC72Tの付属品

付属品リスト

  • 説明書
  • USB給電ケーブル
  • イヤーピース
  • 充電ケース

HA-XC72Tの音質評価

低音
 
9/10
中音
 
7.5/10
高音
 
7.5/10

<参考>

各価格帯・音質評価TOPのTWS20000円~:ゼンハイザー MTW3 9.5点
~20000円:final ZE3000 9.3点
~10000円:Noble FALCON 2 8.0点
(リンクはレビュー記事へのリンク)

 

シリーズの特徴でもある重低音がやはり印象的。

輪郭がとてもはっきりしていて強く響いてさっと消える、キレの良い低音です。

完全ワイヤレスイヤホンは高音域の雑さをごまかすために低音偏重なものが多いですが、それらのボワボワの低音とは一線を画すキレ。

このキレの良さが他の帯域への侵食を抑え、分離良く聴こえるため中音・高音もぼやけることなくはっきりと綺麗に聴こえます。

バスブーストモードにすると低音の深みがさらにアップ。

せっかくの重低音イヤホンなので重低音が出る他のイヤホンとも聴き比べしてみました。

重低音の聴き比べ

  • 1万円以下からはVictor HA-A30T
  • 同価格帯にあたる1万円台からはAnker Soundcore Liberty 3 Pro
  • 2万円台からはBoseのQuietComfort Earbuds

この3つを比較対象としました。

HA-A30Tとの比較

HA-A30T(バスブースト)<HA-XC72T(ノーマル)

HA-A30Tは重低音モデルというよりは重低音も出せるといった感じのイヤホンですが、XC72TのベースがHA-A30Tっぽいので比較対象としました。

HA-A30Tはバスブーストモードで聴き比べ。

HA-XC72TのフラットモードですでにHA-A30Tのバスブーストモードより低音が出ています。

フラットとは一体。笑

中音~高音は基本的に同じですね。

バランスの取れた音で素直な伸び。

HA-A30Tの詳細レビュー

Anker Soundcore Liberty 3 Proとの比較

迫力で勝るHA-XC72T

ハイブリッドドライバーを採用しているSoundcore Liberty 3 Proは低音の量感が凄まじいです。

やや過剰な盛りようにも感じる膨張感。

XC72Tのようなキレキレの低音とは種類が違います。

高音域をBAドライバーが担当しているAnkerは解像度も高いのですが、低音がやや他の帯域にかかり気味。

そのためか解像感では負けているはずのHA-XC72Tのほうがスッキリ聴けます。

ノーマルモードとの比較ではAnkerの方が深みがありますがバスブーストモードにすると深みもHA-XC72Tの方が上に。

Soundcore Liberty 3 Proの詳細レビュー

Bose QuietComfort Earbudsとの比較

リッチな低音のBoseか迫力のHA-XC72Tか

やはりBoseの低音は上手いですね。

QuietComfort Earbudsは適度な量感と深度、程よい余韻が心地良いリッチな低音。

HA-XC72Tの迫力重視の低音とは性格がまるで違うのでどちらが良いかは完全に好みの分かれるところだと思います。

ただどの価格帯においてもHA-XC72Tを超えるキレと迫力を出せる完全ワイヤレスイヤホンはありませんでした。

XXシリーズの面目躍如と言えそうです。

Bose QuietComfort EarbudsとSONY WF-1000XM4の使用比較レビュー

ノイズキャンセリング評価

ノイキャン
 
4/10

<参考>

各価格帯・ANC評価TOPのTWS20000円~:Bose QC Earbuds 10点
~20000円:Noble FALCON ANC 8.5点
~10000円:Anker Life A2 NC 8.5点
【全レビューデータをランキング化】ノイキャンイヤホンのおすすめがわかる比較表

 

ノイズキャンセリングの聴き目もHA-A30Tとほぼ同等です。

密閉感の差で僅かにノイズキャンセリングも高まっていると思いますが誤差の範囲。

HA-A30Tが-28db相当の消音効果だったのでそれくらいということになります。

-28db相当とはコスパ高な中華TWSなら5000円前後で買えるもの。

ノイズキャンセリングのコストパフォーマンスは良くないです。

大きめな低音ノイズもある程度遠ざけることができますが無音にはなりません。

ノイズキャンセリングの効果はそれなりの効き目と思ってください。

外音取り込み機能評価

外音取り込み
 
8/10

<参考>

各価格帯・ヒアスルーも優秀なTWS20000円~:LinkBuds S/AirPods Pro10点
~20000円:JBL LIVE FREE 2 9.5点
~10000円:EarFun Free Pro 2 9.0点

 

ノイキャンとは違いこちらは優秀。

イヤホンをしていないときの外音の聞こえ方に近く、違和感はほとんどありません。

高音がややカサつく程度の違いです。

また外音取り込み時には音楽の音量が自動で下がるようになっているのでスムーズに外音を聞くことができます。

装着感評価

装着感
 
7.5/10

<参考>

各価格帯・装着感も抜群なTWS20000円~:SONY LinkBuds S 10点
~20000円:JBL LIVE FREE 2 9.0点
~10000円:Victor HA-A30T 8.0点

 

装着感は非常に良好。

小型で軽量なイヤホンのため軽い付け心地です。

HA-A30Tと比べると一回りくらい大きいですが、付け心地にはほとんど差を感じません。

僅かに圧迫感と密閉感がHA-XC72Tの方が上といったところでしょうか。

操作性評価

磁石でイヤホン同士がくっつきます
操作性
 
9/10

HA-XC72T操作方法一覧

HA-XC72T WEBマニュアル

 

すべての操作がイヤホンから行えます。

低遅延モードとバスブーストモードの操作方法が付属の説明書には書かれていないので気をつけてください。

タップの感度もちょうどよく、操作性も合格点。

低遅延モードへの移行が5回タップというのだけがちょっとややこしいかなと。

イヤホン同士が磁石でくっつくためケース無しでの持ち運び・運用が可能。

地味に便利な機能です。

操作性を含めた総合的な使い勝手の評価は8/10としました。

主なマイナスポイントは

  • マルチポイントに対応していない
  • ワイヤレス充電に対応していない

くらいですね。

非常に使い勝手の良いイヤホンです。

総評:このイヤホンがおすすめな人と代替候補

完全ワイヤレスイヤホン最強のキレと迫力を誇る低音。

低音一辺倒ではなくキチンと聴ける中音・高音に装着感や操作性の良さ。

基本的な部分も良く出てきているので重低音好きな方への満足度は非常に高いものとなるでしょう。

逆に重低音にそれほどこだわりがない人の場合はベースが同じVictor HA-A30Tのほうが値段も安く完成度も同等なのでオススメです。

Victor HA-A30Tの詳細レビュー

今回のレポートは以上となります。

また次回のレビューでお会いしましょう。