僕は猫だった

オーディオマニアによるイヤホン/ヘッドホンのレビューブログ

【ソニーのノイキャンにしては安いけど】いまさらWF-1000XM3は買わない方が良いという話。レビュー後約3年の所感【完全ワイヤレスイヤホン】

WF-1000XM3 Review 2022

使い古して細かい傷も目立つマイWF-1000XM3

こんにちは、完全ワイヤレスイヤホンコレクターの猫居です。

今回はいつものようなイヤホンレビューではなく、コラム的な記事となります。

お題は一世を風靡したSONYの完全ワイヤレスイヤホンWF-1000XM3について。

個人的にも2019年のベストTWSとしてオススメしておりました。

すでに後継機であるWF-1000XM4が出ていますが家電量販店やAmazonなどのネットショッピングでも未だ購入できますよね。

しかも型遅れということもあって結構安くなっています。

そんなWF-1000XM3を2022年現在に買うのはどうなのか。

結論から言ってしまえばWF-1000XM3は今更買わないほうが良いという話なんですが‥

なぜオススメできないのか、代わりに何がおすすめなのかを紹介していきます。

イヤホン選びに迷ったら!【比較で判る】コレクターおすすめの完全ワイヤレスイヤホン6選【価格帯別】

 

WF-1000XM4とWF-1000XM3を比較してその安さに惹かれるかもしれないけど

先程も挙げたとおり、型落ちゆえSONYの全部入り完全ワイヤレスイヤホンなのに15000円くらいで買えるというその安さ。

1世代前のイヤホンとはいってもノイズキャンセリングや外音取り込み機能など大体の便利機能は網羅していますし、それでいて安いから魅力的に見えます。

しかもネットでレビュー評価などを調べてみれば概ね高評価です。

完全ワイヤレスイヤホンに特に詳しくない人がみればこれは買いなのでは?と思うのも無理はありません。

WF-1000XM3の落とし穴

しかし完全ワイヤレスイヤホンに詳しい人なら今更WF-1000XM3はまず買いません。

何故かといいますとやはり機能の面で最新のイヤホンより見劣りするからですね。

レビュー評価は発売当時の評価がほとんどです。

自分も2019年当時は絶賛していました。

しかし、Bluetooth接続の安定性やノイズキャンセリングの消音能力は今の完全ワイヤレスイヤホンは随分あがっています。

廉価な製品でもかなり力があるものが出てきました。

WF-1000XM3は当時最先端のノイキャン効果を誇っていましたが今だと1万円以下でも同等のノイキャン効果を持つイヤホンが買えてしまうのです。

  WF-1000XM3 WF-1000XM4 A社イヤホン B社イヤホン
ノイズキャンセリング
外音取り込み機能
専用アプリ

急速充電

こんな感じの表が家電量販店とかだと置いてあると思いますが、これだけみるとWF-1000XM3は高機能なイヤホンに見えますよね。

でも同じノイズキャンセリングでも消音能力は個々に差があり、WF-1000XM3のそれは今の基準だと値段相応とは言い難いということです。

イヤホンやイヤホンケースの形状も最新のコンパクトなものと比べると使用にやや我慢を強いられるデザインになっているのもマイナスポイント。

WF-1000XM3のノイズキャンセリング効果を測定

様々な手持ちのノイズキャンセリングイヤホンと比較した結果。

-38dbのノイズキャンセリングイヤホンと同等程度の効果でした。

-38dbのノイズカットと比較して低音ノイズにやや弱く、中高音ノイズはWF-1000XM3の方が効果的といった感じ。

-35dbのノイキャンよりは確実に効いています。

そして-40dbのノイズキャンセリングと比較すると明らかに劣っているのでやはり-38db相当とするのが妥当だと思いました。

これくらいの効き目のノイキャンイヤホンは今なら6000円くらいで買えます。

ノイキャンイヤホンに関する詳しいデータは以下からご覧いただけます。

WF-1000XM3にはSONY独自の便利機能もあるが‥

WF-1000XM3にはイヤホンに指を置くだけで外音取り込み状態にできるクイックアテンションモードや圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングするDSEE HXなどSONY独自の便利機能もあります。

しかし最新のものと比べると大きすぎるイヤホンやイヤホンケース。

最新のイヤホンに比べて途切れやすいBluetooth接続。

これらを考えると使い勝手の面でもメリットがデメリットを上回ります。

音質的にも同じ値段出せばもっと良いものが今では手に入ります。

SONY独自の機能に魅力を感じるのでしたらやはり最新のWF-1000XM4を買ったほうが良いでしょう。

搭載機能や外観について

新品当時の外観や搭載機能のチェックは当時のレビュー記事をご覧ください。

WF-1000XM3は今でも普通に使えるイヤホンではある

もちろんWF-1000XM3は今でも全然使える完全ワイヤレスイヤホンではあります。

コストパフォーマンスや使い勝手を考えたら最新のものには及ばないというだけです。

買ってしまった知人にも同じことを言いましたが、電池が消耗して買い替えを意識するころには今よりもっと良いものが出ているでしょうからその時まで使い込んで時期がきたら次に何を買うべきか考えたら良いと思います。

使い勝手にストレスを覚えるとかでない限りは繋ぎのイヤホンとして十分なポテンシャルは今でもあります。

WF-1000XM3より高コスパな代替にオススメの完全ワイヤレスイヤホン

ではWF-1000XM3より安くて高性能な完全ワイヤレスイヤホンとは何なのか。

WF-1000XM3の購入を考える層を

  • 多機能な完全ワイヤレスイヤホンを探している
  • WF-1000XM4は予算オーバー、2万円以下で考えている

こんな想定で個人的おすすめを紹介いたします。

・コスパ重視なら

SONY並の超多機能とアプリの使い勝手の良さで約9000円、AnkerのSoundcore Life P3

・予算内最高クラスなら

予算をWF-1000XM3の店頭価格くらいまでで考えるなら音質・機能面ともに他社ハイエンド製品並の超高機能なゼンハイザーCX Plus True Wirelessもおすすめです。

どちらもWF-1000XM3より満足感ある買い物になると思います。

ぜひお試しください。

・Soundcore Life P3のレビュー記事

https://www.goodgoodlife.xyz/entry/Soundcore_Life_P3

・CX Plus True Wirelessのレビュー記事

https://www.goodgoodlife.xyz/entry/CX_Plus_True_Wireless