僕は猫だった

猫飼いオーディオ愛好家によるイヤホン/ヘッドホンのレビュー&おすすめ紹介ブログ

AnkerのSoundcore Liberty2をProやAir2との違いを比較しながらレビューします!

スポンサードリンク

Anker Soundcore Liberty2

Amazon:Anker - Soundcore Liberty2

こんにちは、猫居(@KotaNekoi222)です。

今回は先日に引き続きAnker製品をレビューします。

完全ワイヤレスイヤホンの新作Soundcore Liberty2です。

一ヶ月ほど前にレビューしたLiberty2 Proの廉価版に当たるイヤホンですね。

見た目はそっくりですが、値段は1万円以内に収められている本品。

せっかくなので先日レビューしたAir2、そして上位モデルProと比較しながら紹介していきたいと思います!

 

写真でチェック

外箱。Liberty Air2とほぼ同じものです。

付属品。イヤーフィンとイヤーピースが各サイズ。説明書はクイックスタートガイドで。

イヤホンケースは光沢仕上げでした。Liberty Neoの第二世代と同じ質感のものですね。

イヤホンケース細部。USBはType-C。ケースは片手でも容易に開けられイヤホンも取り出しやすいです。

イヤホン本体。10mmドライバーを積んでいるだけあってやや大型ですが装着感は良いです。

イヤホン細部。

Liberty2 Proと比較。Proはマットな質感でより高級感があります。

音質評価

Liberty Air2との比較

先日レビューしたAir2は低域から高域までバランスの取れたサウンドでした。

Liberty2はAir2の低域を超強化した感じです。

非常に元気サウンドで所謂ドンシャリ傾向にあります。

低音の張り・アタック感が特に素晴らしいです。

充分な量感を持ちつつボワつかず質感の良さも伴うもの。

深いところまでしっかりと出る、アンダー1万円では今のところ最高の低音ではないかと思いますね。

また音場感も増していて、音場は狭めだったAir2と比べると音の広がりを実感できます。

(Liberty Air2のレビュー記事:Anker Soundcore Liberty Air 2をLife P2・初代Airと比較レビューします!)

Liberty2 Proとの違い

まず両方をつけ比べてみると装着感も若干違いました。

デザインのわずかな違い以外は同じに見える2つですが、着けてみるとProのほうがしっくりくることに気付きます。

ほんのわずかですがProのほうがイヤホンが小さいようです。

音質面の違いは1DDとハイブリッドの差がよくわかる差になっています。

低音に質はかなり似ています。

高域はKNOWLES製のBAを積んでいるだけあってProのほうが非常にクリアでボーカルも艶感あるものに仕上がっています。

また中域~高域にいたる澄んだ空気感もProの方が優れていて、これもKNOWLES製BAの力でしょう。

Liberty2もアンダー1万円TWSの中では最高クラスの音だとは思いますが、Proのほうが全域に渡って相当にパワフルかつクリアな音です。

値段以上の差を感じるかもしれません。

(Liberty2 Proのレビュー記事:【Anker Soundcore Liberty2 Proレビュー】音が自分専用に最適化されるHearIDが凄い!ハイブリッドドライバー搭載完全ワイヤレスイヤホン)

装着感や使い勝手について

イヤーフィンがいい仕事

イヤホン自体は大きめなんですがイヤーフィンのおかげか軽い装着感と確かなフィット性能です。

軽く走ったくらいでは取れたりしません。

ただ前述のようにLiberty2 Proと比べるとイヤホンが大きい分、少しだけ圧迫感があります。

アプリで好きな操作方法を選べる

個人的にこの新Libertyシリーズで非常に重宝している機能。

アプリで再生/停止・曲送り/戻し・音量上下の設定を好きなように設定できます。

操作方法が覚えにくかったり音量は操作できなかったりするイヤホンも少なくない中、この機能のおかげで非常に操作しやすいです。

Bluetooth・遅延も問題なし

Bluetoothは当然のように安定。

遅延もapt-Xに対応しているため、動画視聴などは違和感を感じずに楽しめました。

このブログでは毎度言っていますが低遅延のapt-X対応でも音ゲーなどのプレイは厳しいです。

HearIDの効果とイコライザ機能

これまでProとAir2のテストでは明確な違いを感じたHearIDですが、Liberty2では高域の明瞭感が少し上がった程度のわずかな変化でした。

改めてAir2、Proそれぞれの検査結果をみてみるとどれも補正される箇所が違っていました。

イヤホンの特性に合わせて補正されているんでしょうかね。

(よく考えれば当然か)

HearIDによる補正の他にもイコライザ機能で高域を強調したりボーカルにフォーカスしたり22種類の変化が楽しめます。

個人的に気に入ったのが【小型スピーカー】というモード。

低音の質が良いイヤホンなので、本当にスピーカー的な鳴りになって面白いです。

注意点

無音時にサーというホワイトノイズが結構あります。

再生などを停止すると2~3秒ほどでノイズも止まります。

Proでもありましたが、Liberty2の方が気になるノイズ量かもしれません。

Air2の方はほとんどホワイトノイズなかったのですが‥。

普通に曲を聴く分にはノイズは気にならないものの、オーケストラや独唱物などの静寂を楽しむ成分を含む曲には向きません。

総評

非常に質の良い低音を鳴らす迫力サウンドの完全ワイヤレスイヤホン。

分離良くボーカルも良くきこえますしアンダー1万円としては最高クラスの音質といえるでしょう。

ただ上にはLiberty2 Pro、下にはLiberty Air2という自社製品で非常に優れたイヤホンがあるのが難しいところ。

音質を重視するならハイブリッドドライバーのProがやはりオススメですし、コスパを重視するならより機能的でバランスサウンドのAir2の方が万人受けしそうです。

でも低音を重視するオーディオファンもとても多いので、予算1万円以内で迫力サウンドが欲しい!という方にはピンズドのイヤホンだと思います。

興味のある方は是非お試しあれ!