僕は猫だった

オーディオマニアによるイヤホン/ヘッドホンのレビューブログ

【ANC比較レビュー】AirPods Pro 2 (第2世代) vs Bose QuietComfort Earbuds II。ノイキャン世界最高はどちらなのか

AirPods Pro 2 (第2世代) vs Bose QuietComfort Earbuds II

更新日:2022年9月29日

TWSコレクターの猫居です。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能が最大2倍の効果になったと謳うAirPods Pro 2(第2世代)が2022年9月23日に発売。

そして世界最高のノイズキャンセリングが謳い文句のBose QuietComfort Earbuds IIが2022年9月29日の発売。

奇しくも同時期の発売となったノイキャン最強候補の2つを今回は比較レビューしていきます。

初代モデルでお互いにノイキャンTOP争いをしていた完全ワイヤレスイヤホンなだけに気になっている方も多いかと思います。

強力ノイキャンといえば外せないWF-1000XM4なども含めて徹底的に比較。

どの完全ワイヤレスイヤホンがノイキャン世界最高なのか見極めたいと思います。

初代同士の比較ではQC Earbudsの方がAirPods Proよりノイキャン強度は上

初代AirPods Pro初代QuietComfort Earbudsのノイキャン比較では明らかにQuietComfort Earbudsの方が強力に消音します。

これまでのノイキャンイヤホンの全レビューデータは以下の記事からご覧いただけます。

両者がどれだけ上積みしてくるかが鍵となるわけですが、リリース文をみるとAirPods Pro 2 (第2世代)の方がアピールのインパクトは強いように思えます。

なんといってもAirPods Proの2倍のノイズキャンセリングを謳っているわけですから‥

AirPods Pro 2 (第2世代)のノイキャン、『毎秒48000回処理』『初代の2倍』結局どれくらい凄いの?

AirPods Pro 2 (第2世代) ANC機能

従来比で最大2倍のノイズキャンセリングを謳うAirPods Pro 2 (第2世代)

『最大2倍』という表現が肝ですよね。

このブログで何ヶ月か前にTE-D01vというAVIOTの完全ワイヤレスイヤホンをレビューしました。

TE-D01vは前作(TE-D01t)と比べて中高音のノイズキャンセリング効果が1.7倍と謳われています。

TE-D01v・TE-D01tの両方を持っているので新旧比較した結果、たしかに強力にはなっていました。

しかし元々ノイキャンであまりカットできない中高音のノイズカット効果が1.7倍ということですからね。

数字から感じる印象は100が170に!て感じですが、実際は1.2倍くらいかなという印象です。

もちろん明らかに違いを感じるのですが、数字ほどのインパクトは無いということ。

AirPods Pro 2 (第2世代)の『最大2倍』にも数字ほどの大きな期待を抱くのは危険です。

QuietComfort Earbuds II 独自機能『CustomTuneテクノロジー』

QC Earbuds CustomTuneテクノロジー

QuietComfort Earbuds IIはBoseが独自開発した『CustomTuneテクノロジー』という機能を搭載。

イヤホンに装着するたびに耳に合わせてノイズキャンセリングをパーソナライズするようです。

そんなような御託を並べたイヤホンは他にもいくつかありますが、そのどれもが専用アプリから耳への最適化を行うものでした。

QuietComfort Earbuds IIはイヤホンの起動音で耳への音響反応を測定するそうなのでスマホ以外で利用する際もパーソナライズが有効になります。

どんな端末で利用しても最高のパフォーマンスが期待できるというわけですね。

AirPods Pro 2 (第2世代)とWF-1000XM4・QC Earbudsのノイキャン比較

発売日に約1週間の差があったので先に届いたAirPods Pro 2 (第2世代)とこれまでノイキャン最強であった初代QC EarbudsWF-1000XM4の2つを比較してみました。

  • 低音ノイズに対する消音力はQC Earbudsが最強
  • 中音・高音に対する消音力はWF-1000XM4が最強

これまではこんな感じでした。

結論からいってしまうとAirPods Pro(第2世代)のほうがQC EarbudsWF-1000XM4よりノイキャンきいてます。

それも微差とかじゃなくハッキリAirPods Pro(第2世代)のほうが強力です。

QuietComfort Earbudsより低音ノイズをカットするしWF-1000XM4より中音・高音ノイズもカットするといった感じ。

AirPods Pro 2(第2世代)とQC Earbudsのノイキャン比較

低音ノイズに対する消音力No1のQC Earbudsよりさらに強力にノイズカット

AirPods Pro 2(第2世代)とWF-1000XM4のノイキャン比較

中音・高音に対するノイズカットもWF-1000XM4を上回る

AirPods Pro  (第2世代)のノイキャンをONにしてると本気で人が何喋ってるのかよくわからないレベルです。

風力MAX換気扇のゴォオオという低音も消し去ってサーっとかすれた高音がわずかに聞こえるのみ。

初代から元々強力なノイキャンだったので『2倍』の触れ込みは予想通りおおさげに聞こえますが、それでもパワーアップはかなりのもの。

暫定1位のノイズキャンセリングイヤホンと言って間違いない効き目です。

AirPods Pro 2 (第2世代) とBose QuietComfort Earbuds IIのノイズキャンセリング比較

ついにQuietComfort Earbuds IIが到着したのでノイキャン暫定1位のAirPods Pro 2 (第2世代) と比較して最強を決めます。

QuietComfort Earbuds IIは一番強力なQuietモードを使用。

こちらも結論から書きます。

QuietComfort Earbuds IIの方がAirPods Pro 2 (第2世代) よりさらに強力なノイズキャンセリングでした。

具体的にどう違うのか。

低音ノイズへの消音力はどちらも強力。

QuietComfort Earbuds IIは中音・高音ノイズへのアプローチがAirPods Pro 2 (第2世代)よりさらに凄いです。

AirPods Pro 2 (第2世代)WF-1000XM4初代QC Earbudsの比較で使った換気扇ノイズ。(測定器で66db、かなり煩い騒音です)

これに対するAirPods Pro 2 (第2世代)のANCの効き目を以下のように記しました。

風力MAX換気扇のゴォオオという低音も消し去ってサーっとかすれた高音がわずかに聞こえるのみ

これがQuietComfort Earbuds IIのANCだとそのサーっという高音の音さえ抑えられてしまうという感じです。

AirPods Pro 2 (第2世代)のノイキャンが思いの外強力だったのでもしかしたらBoseが負けちゃうのかなーなんて実物が届く前は思っていたのですが‥

相変わらずノイキャンといえばBoseといえる素晴らしいノイズキャンセリングでした。

ノイズキャンセリングの効きでTWSを選ぶならQuietComfort Earbuds IIで間違いありません。

AirPods Pro 2 (第2世代)とBose QuietComfort Earbuds II、総合的にはどちらがおすすめか

音質や装着感なども比較して総合的にどちらがおすすめなのかもチェックしていきます。

結論から先に書いていきます。

音質はQuietComfort Earbuds IIの方が良かったです。

外音取り込み機能や装着感は僅かにAirPods Pro 2 (第2世代)の方が勝っているといったところ。

どちらも快適に長時間つけていられます。

iPhone使いの方はそのシームレスな使い勝手、相性の良さを優先してAirPods Pro 2 (第2世代)を選ぶのも良いと思います。

個人的には音楽を楽しく聴かせるQuietComfort Earbuds IIのほうがおすすめかな。

あの圧倒的なノイキャンは是非一度味わって欲しいです。

音質の比較

AirPods Pro 2 (第2世代) はWF-1000XM4など様々なイヤホンと音質比較した結果、1万円前半くらいの音質と判断しました。

低音の量感が増してリスニングイヤホンとして許容できるレベルまで音質が上昇しています。

ただ値段に見合った音質とまではまだ言えないですね。

QuietComfort Earbuds IIの方は前作で感じた高音域の暗さが解消されて明瞭に。

低音の深み、キレも前作を上回りかなりリッチなサウンドになりました。

どちらが良い音かといえばやはりQuietComfort Earbuds IIの方が良いです。

迫力があって楽しく音楽を聴けますし、映画などもこのイヤホンで観る迫力がすごいです。

QuietComfort Earbuds IIのあとにAirPods Pro 2 (第2世代)で聴くとどうしても物足りなく感じてしまいますね。

装着感の違い

初代QCEarbudsは当時レビューでQCシリーズなのにQuietComfortらしいリッチな装着感ではないと酷評しましたが‥

今作ではしっかり修正してくれました。

見た目は思ったより小型化されていないなぁと実物を初めて見たときは不安になったものですが、装着してみるとものすごく快適です。

これぞQuietComfort。

しかし耳への圧迫感の無さはAirPods Pro 2 (第2世代)がさらに上をいきます。

たくさんの完全ワイヤレスイヤホンを使ってきましたがAirPods Pro 2 (第2世代)は多分全TWSで最高のつけ心地なんじゃないかと。

個人的にはそう思っています。

ただ、どちらも非常に快適なので装着感で優劣をつけるほどの差はないかもしれません。

外音取り込み機能の差

イヤホンしていないときと全く変わらないほど自然な外音取り込み音のAirPods Pro 2 (第2世代)

それに対してQuietComfort Earbuds IIはどうでしょう。

AirPods Pro 2 (第2世代)に負けず劣らずの自然な外音取り込みです。

ただ、若干ホワイトノイズが入るんですよね。

ここがAirPods Pro 2 (第2世代)に僅かに劣るところ。

無音に近いような環境でなければ気にならないくらいの小さな差がですが、AirPods Pro 2 (第2世代)のほうが優秀といえそうです。

操作性・使い勝手の差

操作方法比較 AirPods Pro 2
(左右共通)
QC Earbuds II
(左右共通)
1クリック 再生/停止 再生/停止
2クリック 曲送り 曲送り
3クリック 曲戻し 曲戻し
長押し モード切替
・ノイキャン
・外音取り込み
モード切替
・ノイキャン
・外音取り込み
スワイプ 音量上下 音量上下

操作方法を比較してみました。

イヤホンをスワイプして音量調整するところまで全く同じ操作方法です。

どちらも良好な操作性。

使い勝手の部分で一番違いを感じるのはイヤホンケースのサイズですね。

QuietComfort Earbuds IIも初代に比べたらコンパクトなケースになりましたが、AirPods Pro 2 (第2世代) と比べるとだいぶ大きい。

初代と比べるとずいぶんコンパクトになったQC Earbudsのケース

しかしAirPods Pro 2のケースはさらにコンパクト

ケースがコンパクトな分、AirPods Pro 2 (第2世代) の方が取り回しは良いといえます。

総評

先に述べた通り個人的にはQuietComfort Earbuds IIの方がオススメです。

これも繰り返しになりますがノイキャン本当にすごいので是非試して欲しいです。

  • ノイキャン重視ならQC Earbuds II
  • 低音や臨場感重視ならQC Earbuds II
  • 逆に低音あまりいらないならAirPods Pro 2
  • “ながら聴き”をよく使うならAirPods Pro 2

装着感や使い勝手は優劣をつけるほどの差はないのでこの辺の好みで選択していけば失敗せずに良い買い物が出来るんじゃないかと思います。

今回の比較は以上です。

また次回のレビューでお会いしましょう。