僕は猫だった

猫飼いオーディオ愛好家によるイヤホン/ヘッドホンのレビュー&おすすめ紹介ブログ

完全ワイヤレスでデュアルドライバー搭載!SoundPEATSのTruengine(Q42?)をレビューします

スポンサードリンク

SoundPEATS Truengine Q42

Amazon:SoundPEATS - Truengine

皆さん、こんにちは猫居です。

今日レビューするのはサウンドピーツの完全ワイヤレスイヤホン『Truengine』です。

(記事タイトルにQ42?とつけてあるのは外箱にQ42と書いてあるからです)

このイヤホンの最大の売りは完全ワイヤレスなのにデュアルドライバーを搭載しているというところです!

その上、お値段も通常Amazonで5500円ほどと完全ワイヤレスとしては激安の部類に入る価格です。

これがスペック通りの実力ならばとんでもないコスパイヤホンになりそうですが‥。

その辺を確かめるべく購入して使ってみたので紹介していきたいと思います!

写真レビュー

SoundPEATS Truengine Q42 外箱

外箱。写真撮り忘れたんですが裏側にQ42の記載がありました。

SoundPEATS Truengine Q42 充電機能付きケース1

SoundPEATS Truengine Q42 充電機能付きケース2

充電機能付きケース。手のひらに収まるサイズでおしゃれです。

SoundPEATS Truengine Q42 イヤホン本体1

SoundPEATS Truengine Q42 イヤホン本体2

SoundPEATS Truengine Q42 イヤホン本体3

イヤホン本体。デュアルドライバーのためかハウジングは大きめです。安っぽさは感じません。

SoundPEATS Truengine Q42 説明書

説明書より。装着方法は図のようになります。

SoundPEATS Truengine Q42 付属品

その他・付属品

Bluetooth接続の安定性について

屋内以外ではどこで使っても時々途切れが発生します。

特に混線しやすいところでは注意が必要です。

5000円台という値段を考えれば許容範囲ではあると思いますが、同じくらいの値段で売っているAnkerのSoundcore Liberty Liteのほうが圧倒的に安定性は上ですね。

(参考:【Anker】Soundcore Liberty Liteをレビューします!無印Libertyや+との違いも紹介)

音質面でよっぽど上回っていないと厳しいかもしれません。

音質:肝心のデュアルドライバーの実力は?

このイヤホンに注目した多くの人がここが気になっているんだと思います。

有線イヤホンでもデュアルドライバーで5000円っていったらかなりお安い部類ですもんね。

で、実際どうなのかなんですが‥

まず高音が全然伸びませんね。

そして低音が強調されすぎていてボーカルの邪魔になってしまっています。

音のバランスが悪いなぁというのが率直な感想でした。

多ドラらしさはほとんど感じられず、ただただ低音前面押しのイヤホンといった感じです。

残念‥。

装着感・見た目・ケースの使い勝手

充電機能付きケースは非常にコンパクトでイヤホン・ケース共に見た目は中々良いと思います。

値段の割に高級感ある仕様です。

ただ、ケースから取り出すとき爪が伸びていない人には取り出しにくいかもしれません。

イヤホンがつるつるしているので引っかかる場所がなくて自分は苦戦しました。

装着感は並かな‥。

見た目外れやすそうに見えますが、そういうことは特にありませんでした。

それよりもデザイン的に耳につけていると結構目立つのが覚悟がいるところです。

総評:SoundPEATS Truengineの評価

完全ワイヤレスの多ドラで5000円という地雷臭漂うイヤホンでしたが、正直あまりおすすめできるものではありませんでした‥ 笑

淡い期待もあったんですが、さすがにそう良いものはポンポン出てきませんね。

上の方でレビュー記事の紹介しましたが、これを買うならほぼ同じ値段のSoundcore Liberty Liteを買ったほうが良いでしょう。

コスパ重視で使える完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方は是非そちらの記事もチェックしてみてください。

また面白いイヤホンがあったら懲りずに挑戦してみたいと思います!

今回は以上です!