僕は猫だった

猫飼いオーディオ愛好家によるイヤホン/ヘッドホンのレビュー&おすすめ紹介ブログ

【KBEAR Lark レビュー】エントリー価格とは思えないバランスの取れた音と高級感あるデザインが魅力のイヤホン

スポンサードリンク

KBEAR Lark

Amazon:KBEAR - Lark

こんにちは、猫居(@KotaNekoi222)です。

今回レビューするのは中華イヤホンブランドKBEARの新作Larkです。

以前レビューした同社KS2のアップグレード版の模様。

(KS2のレビュー記事:https://www.goodgoodlife.xyz/entry/KBEAR_KS2)

1DD+1BAの構成はKS2と同じで値段もほとんど同じくらい。

現在3000円以下でAmazonではみかけますね。

前作はエントリーモデルとしては広い音場と非常にバランスの取れた心地よい音を鳴らすイヤホンで所謂中華イヤホン的な派手さとは真逆の良さがありました。

そんな前作と比べてどう変わったのかチェックしていきましょう。

開封

3000円くらいのイヤホンとは思えないほど気合の入った造りです。

イヤホン本体。

ジェラルミンのフェイスプレートが非常におしゃれで高級感があります。

ボティのカラーはグレー、グリーン、パープルの3種類。

僕は紫選びましたが、カッコ良くて気に入りました。

ビルドクオリティ高くて言われなかったら3000円とはわからないですよね、どう考えても‥。

付属の銀ケーブル。

KS2のときは銅ケーブルでしたからこちらもパワーアップ。

付属のイヤホンケース。

この価格帯でこんなしっかりしたイヤホンケースがついてくるのはめちゃくちゃ嬉しいですね。

いくつかこれと同じケースをもっていますがコンパクトでとても使い勝手良いです。

その他付属品。

音質評価

相変わらずの広い音場と心地よいサウンド。

そのキャラクターは前作KS2と同じで真面目な音を追求したイヤホンでした。

全体的にカラッとした印象の空気感も前作同様。

ただ前作は弱ドンシャリで特に低音が少し前に出るかなという感じでしたが、Larkでは中高域の明瞭感と肉感が増してよりフラットに近くなったと思います。

そのおかげかボーカルがとても聴きやすくなりましたね。

高音はよく伸びるしマイルドで耳障りなところが全然なくてとても聴きやすいです。

低域は締まりのある音で充分なキレがあります。

沈み込みも充分だし、非常に整った低音でかなりハイレベルといえます。

聴き比べると新作のほうがやや低音の抑えがきいたような印象をうけますが、バランスの問題で量感質感ともに変わっていないと思います。

中高域のレベルアップ、特にボーカルの見通しが格段に良くなった点がKS2からの進化ポイントですね。

装着感など、その他KS2との違い

こうして見比べるとほぼ同じ値段のイヤホンとは思えないほどLarkのほうが高級感ありますね。

KS2と付け心地はほとんど同じですが、ジェラルミンのプレートがついた分やや耳につけたときの存在感も増した印象があります。

でも総合的に装着感は良いと言えるでしょう。

ケーブルが銅ケーブルから銀ケーブルになって音質だけでなく見た目も華やかになりましたね。

取り回しも良好、付属ケースはとても使いやすくイヤホンだけでなく替えのイヤーピースなども収まります。

音だけでなく見た目、使い勝手と全体的にレベルアップしているのが非常に好印象でした。

総評

元々KS2の時点で価格帯を遥かに超えたバランスを持つコスパイヤホンでした。

それが広い音場で心地よいサウンドはそのままに中高域がレベルアップ、ボーカルがとても映えるイヤホンになりました。

その音のみならずデザインや付属品も到底3000円以下で買えるものとは思えません。

欠点らしい欠点もなく、誰にでもオススメできる良作です。

エントリー価格といえるこれくらいの値段で高級感あるデザインと豊富な内容物がついてくるというのは所有欲を激しく刺激しますよね。

初めての中華イヤホンにトライしたい方やKZなど派手な味付けと違うイヤホンがほしいという方にうってつけの存在。

非常にオススメです!