僕は猫だった

猫飼いヘッドホンオタクによる雑記・レビューブログ

合わせ技で最強コスパ!JBLのTUNE205BTをレビューします!【インナーイヤー型Bluetoothイヤホン】【PR】

スポンサードリンク

JBL TUNE205BT

Amazon:JBL - TUNE205BT

皆さんこんにちは、猫居です。

今日レビューするのはJBLさんからサンプルをお借りしたTUNE205BTというBluetoothイヤホンです。

カナル型がメインのBluetoothイヤホン市場において貴重なインナーイヤー型ということで、それだけでも価値のあるイヤホンだとは思います。

発売後かなり人気のTUNE205ですが、実際の使い心地や音質のほうはどうなのか!?チェックしていつもどおり正直にお伝えしていきます!

写真レビュー

JBL TUNE205BT 外箱

JBL TUNE205BTの外箱

JBL TUNE205BT イヤホン本体1

JBL TUNE205BT イヤホン本体2

JBL TUNE205BT イヤホン本体3

イヤホン本体

JBL TUNE205BT イヤホン本体4

LR表記は○の位置ですが、矢印マークのカラーでも判別できるようになっていますね。

2ボックスタイプで片方は電池ボックス、もう片方はコントローラーボックスです。

JBL TUNE205BT 付属品

充電用のUSBコードが付属してきます。収納ケースとかはありません。

軽い付け心地はやはり魅力

耳穴へねじ込むカナル型と違い、耳に添えるように付けるオープンタイプだけあって耳への負担は非常に少ないです。

特に低価格帯のBluetoothイヤホンはカナル型かつハウジングも大きめな物が多く、耳への圧迫感があるのでこの部分で差別化できているのは大きいですね。

長時間つけていても耳が疲れるといったことは全くありませんでした。

想像以上!バランス感覚に優れた音

インナーイヤーらしい抜けの良い音が心地よいですね。

低域から中域にボリュームがあり、特にボーカルは中々聴かせてくれます。

この価格帯のBluetoothイヤホンとしては最上じゃないでしょうか。

さすがのJBLといいますか、どこかで破綻することもなくきれいにしっかりと聴けるので安心感があります。

EarPodsなどの有線からワイヤレスへの移行を考えている方も違和感なく移れると思います。

中華イヤホンへの移行ですと装着感以外にも音のバランスがかなり変わってくる面もありますので。

安いBluetoothイヤホンなのにすごく良い音だなーと。

コントローラーはやや使いにくい

ここまで褒めまくって?きましたが、コントローラーは正直使いにくかったです。

操作方法は

  • マルチファンクションボタン:再生・停止 / 通話受信
  • +ボタン:音量プラス・長押しで曲送り
  • -ボタン:音量マイナス・長押しで曲戻し
  • ペアリング方法:マルチファンクションボタンを長押し

といった感じで普通なんですが‥

マルチファンクションボタンはちゃんとボタンになっているのに【+】と【-】のボタンは平坦なんですよね。

JBL TUNE205BT ボタンの配置

中央にマルチファンクションボタン。左右の+-は平坦でボタンにはなっていません。

これが手探りでボタンを押すときやや使いにくいなーと感じる部分でして。

3ボタン式にしてくれたほうが使いやすかったかなと思います。

低音がスカる原因と対策

先程低域もボリュームがあると書きましたが、それはベストポジションでリスニングしたときのお話です。

軽い装着感とトレードオフで外れやすいという欠点がインナーイヤー型のイヤホンにはあります。

これはTUNE205だけの問題ではなく、インナーイヤー型全般に当てはまる問題です。

手や荷物がコードに触れたりするとどうしてもポジションが動いてしまうんですよね。

そんな時一気に低音がスカってしまうのです。

しかしこれを解決する方法もありますので、次項にて説明いたします!

対策!エレコムのEarPods用イヤホンカバーを使って装着感と低音をパワーアップ

エレコム earpods用イヤーピース

Earpods用とありますがTUNE205にも問題なく使えます。

TUNE205使いの間ではもはや定番のようですが、エレコムのEarPods用イヤホンカバーを使用します。

自分も今回(これは自費で)購入して試してみました。

つけてみるとこんな感じです。

エレコム earpods用イヤーピース クリアカラー

エレコム earpods用イヤーピースをJBL TUNE205BTに装着

イヤーキャップ(カナル型)でカラーはクリアを使用

手があたったりしてもずれることのない安定した装着感とパワーアップした低音。

確かに定番化するのも頷ける、TUNE205の本当の完成形といえる出来になります。

シリコン素材でカナル型のような圧迫感があるわけでもないので、ほとんどマイナス面なくプラス効果だけ受け取れます。

(そのかわりエレコムの商品説明にあるような【重】低音が得られるわけではありませんが。もともと低音の質は良いので、装着感を損なわず程よいパワーアップでバランス的には丁度いいです。)

コレは良いですね~。

同時購入ないし使ってみて気に入ったら買ってみることをおすすめします!

総評:JBL TUNE205BTの評価

今回お借りしたサンプルはJBLさんにお返しする物なんですが、あまりに良かったので自分の分も買ってしまいました 笑

思わず購入しちゃいました!

耳の中で圧迫感のあるカナル型が苦手という方・EarPods的な装着感や音の傾向を好む方には最高の選択肢となるでしょう。

そうでない方にも先程紹介したエレコムのイヤーキャップと合わせて使うことで音質的にも低価格帯では最高レベルのコスパになるのでオススメできます。

防水性能やマグネット機能は無いのでそういう機能を重視する方はこのブログでもオススメしているような流行りの中華イヤホンを選んだほうが良いと思いますが、普通にリスニングする分には本当にすごいコスパです。

お世辞抜きに本当に良いイヤホンでした!

ぜひお試しあれ~!