僕は猫だった

猫飼いオーディオ愛好家によるイヤホン/ヘッドホンのレビュー&おすすめ紹介ブログ

【Anker Soundcore Life P2レビュー】5000円以下で一歩抜けたスペックと音質!低価格で新定番と成り得る存在

スポンサードリンク

f:id:catpaper:20191113202845j:plain

Amazon:Anker - Soundcore Life P2

こんにちは、猫居(@KotaNekoi222)です。

以前レビューしたAnker Liberty Airの廉価版のような完全ワイヤレスイヤホンが4999円で発売されていたので買ってみました。

Ankerといえば同じ価格でLiberty Neoというとてもコストパフォーマンスの高いTWSがを出していますが、これと比べてどうなのか?

Airとの比較はどうなのか?

さらに同価格帯でイヤホン形状も同じうどん型、TaoTronicsのSoundLiberty53と比べたらどうなのか?

今回はこれらとの比較を軸にSoundCore Lifeをレビューしていきます!

Soundcore Life P2スペック比較

 

Life P2

Neo

Liberty53

価格

4999円

 4999円

 4099円

連続再生時間

7時間/40時間(ケース込)

5時間/20時間(ケース込み)

6時間/40時間(ケース込み)

対応コーデック

 SBC/AAC/apt-X

 SBC/AAC

 SBC/AAC

防水性能

 IPX7

IPX7

 IPX7

操作ボタン

物理ボタン

 物理ボタン

タッチセンサ

写真でチェック

f:id:catpaper:20191113201226j:plain

外箱はお値段なり。イヤーピースがXS~XLまで付属しているのは嬉しい所。

f:id:catpaper:20191113201332j:plain

クイックガイド付

f:id:catpaper:20191113201438j:plain

イヤホンケース。この価格帯の物しては中々デザインは良い感じですね。

f:id:catpaper:20191113201547j:plain

さらにUSBはType-C!低価格帯では中々無いのでこれは大きいです。

f:id:catpaper:20191113201645j:plain

イヤホンの質感も上々。

f:id:catpaper:20191113201757j:plain

その他:操作は物理ボタン、ケースのランプが1つとコストダウンが図られていて充電残量はわからないです。

音質・装着感を比較

Airとの比較

f:id:catpaper:20191113202023j:plain

左:Life 右:Air

形がそっくりで廉価版のように見える同社製品ですが、音の傾向は全く違いました。

Airは中高音にボリュームがあり、かなりさっぱり聴かせるタイプ。

一方Life P2は低音に非常にボリュームのある、低価格帯TWSでは定番の音の出をします。

音の傾向とは違い、装着感は形が似てるだけあってかなり近いです。

非常に軽いつけ心地でイヤホン疲れしにくいのが高評価。

(Airのレビュー記事:https://www.goodgoodlife.xyz/entry/Soundcore-Liberty-Air)

Neoとの比較

f:id:catpaper:20191113202103j:plain

左:Life 右:Neo

音の傾向はこちらの方が近いです。

Neoはハリのある質感の良い低音と低価格帯TWSとしては明るめな中高音が特徴でしたが、Neoの低音をさらにボリュームアップさせた感じなのがLife P2です。

全体的な解像感・音の厚みも少し増していますが、とにかく低音盛り盛りな音になっているためこの辺は好みがわかれるでしょう。

装着感はどちらもいいですが、Neoのほうがよりフィット感が強く、その分着けてる感もあります。

Life P2は装着感が軽い分普段使いにより適していて、Neoはよりスポーツに適しているといった感じでしょうか。

(Neoのレビュー記事:https://www.goodgoodlife.xyz/entry/Anker-Soundcore-LibertyNeo-2nd)

SoundLiberty53との比較

f:id:catpaper:20191113201955j:plain

左:Life 右:Liberty53

では低価格帯の定番で低音盛り盛りサウンドのLiberty53と比較するとどうでしょう。

音の傾向はほとんど同じですが、低・中・高と全ての音で解像度がLifeのほうが上。

こちらは単純にLifeのほうが良い音と言えます。

装着感も同じうどん型ながらLifeのほうが良好。

強化版SoundLiberty53と言えそうです。

あとは約1000円の値段差をどうみるか?ですね。

(SoundLiberty53のレビュー記事:https://www.goodgoodlife.xyz/entry/TaoTronics_SoundLiberty53)

動画遅延とBluetooth安定性ついて

まず動画遅延は他のSBC接続のTWSと比べると良好。

ゲームプレイは無理ですが動画視聴は問題無く楽しめます。

Bluetooth接続も基本的に安定。

接続が安定しやすいうどん型にしては完璧とはまではいかず、Neoと同じくらいの安定性でしたがほぼ途切れを気にすること無く使用できます。

SBCより途切れやすいapt-Xで接続している分、足し引き0といった感じでしょうか。

 

総評

AnkerのSoundcore Life P2はアンダー5000円TWSとしては他イヤホンの1ワンク上をいくスペックが魅力のTWS。

連続再生時間の長さやapt-X対応に惹かれる方も多いでしょう。

デザインや造りも同価格帯の他製品より出来が良く、装着感も良好なため総合的な満足度はかなり高いのではないでしょうか。

不満点は充電ケースのバッテリー残量が把握できないこと。

ケースが他のよりやや大きめなこと。(ポケットには収まる)

そしてイヤホンをケースから少し出しにくいことですね。(つまむように取り出すとスムーズに出せます)

後はかなり低音が支配的なイヤホンなので、そういった音が苦手でなければ現状5000円以内の完全ワイヤレスイヤホンとしてベストな選択肢となりそうです。