僕は猫だった

猫飼いヘッドホンオタクによる雑記ブログ

【新型レビュー】PS4純正ワイヤレスサラウンドヘッドセット (CUHJ-15007)と初期型(CUHJ-15001)を比較します!

スポンサードリンク

PS4純正ワイヤレスサラウンドヘッドセット 新型と初期型の比較

Amazon:PS4 純正 ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)

皆さん、こんにちは!

今回は2018年3月8日に新発売となったPS4の新型純正ワイヤレスサラウンドヘッドセットのレビューをしていきます!

僕は予約購入したのでゲットできましたが、Amazonでは今のところ(3月15日現在)品切れ中?みたいです。

モンハンなどのビッグタイトルが出た影響で新しくサラウンド環境を整える方が増えているのかもしれませんね。

僕は初期型の純正ワイヤレスサラウンドヘッドセットも持っているので、こちらと新型とを比較していきたいとおもいます!

写真で比較:見た目の変化等

PS4純正ワイヤレスサラウンドヘッドセット 外箱

外箱は初期のものもほぼ同だったような印象です。

f:id:catpaper:20180315151955j:plain

付属品

CUHJ-15007

肝心のヘッドホン。初期型はPSカラーを基調としていましたが、オールブラックでカッコイイデザインに。

f:id:catpaper:20180315152007j:plain

ボタン・操作関係は全てL側に集約。手探りで基本操作は間に合います。

f:id:catpaper:20180315152013j:plain

f:id:catpaper:20180315152010j:plain

矢印の部分がスライダーになっています。1番上に持ってくるとL・R表記が隠れてしまうのがちょっと不満。

f:id:catpaper:20180315152023j:plain

f:id:catpaper:20180315152026j:plain

初期型はバンドのトップ部分にしかクッションがなく、その他はプラ感丸出しでしたが‥新型は良い感じです。

f:id:catpaper:20180315152016j:plain

f:id:catpaper:20180315152019j:plain

全体的にコンパクト化。普通のヘッドホンのように軽くて扱いやすいです。

軽量化による違い

初期型から22%の軽量化を実現したという新型。

22%と言われてもいまいちピンとこないところですが、実際つけてみるとかなりの違いを感じます。

上のほうの写真のほうで見ていただくとわかると思うのですが、初期型は重いだけでなく全体的にデカすぎでした。

PS4の純正はデカくて重くて使いにくいってのはかなりの人の共通認識だったのではないかと思います。

それが新型では非常にコンパクトになり‥

(といいますか普通のヘッドホンサイズになり)

手に持って重さを比べた時の感覚以上に頭につけたときの感覚は【軽い!】と感じました。

大げさな言い方かもしれませんが、初期型はヘルメットをかぶったかのような覆われ方でした。

それに対して新型はサラウンドではない普通の軽量級ヘッドホンをつけている感覚に近いです。

当然ながら首への負担は全然違います。

折りたたんでコンパクトにすることはできなくなりましたが、サラウンドヘッドホンを持ち運んで使うことはあまりありませんしね。

軽量化のメリットのほうがずっと大きいです!

CUHJ-15001

初期型は折りたたむことができました

メガネでも長時間いける装着感の良さ

軽くなって首への負担が減っただけでなく、装着感も劇的に改善されています。

PSVRを着けていても心地よく使えるデザインに変えたらしいですが、軽量化よりむしろこっちをもっと大きくアピールしたほうが良かったんじゃないかなと。

なにせ過去記事(【BT-W2】PS4でワイヤレスヘッドホンを使う!SONYの1000XシリーズをBluetooth接続してみた)でも触れているんですが、初期型は付け心地が悪すぎました!笑

ある程度長時間の装着が想定されるゲーム用ヘッドセットであの装着感は厳しい‥。

締め付けが強く、メガネをつけてプレーは不可能。

していなくても次第に頭痛がしてくる始末でしたからね。

しかし新型はメガネをつけたままでも全然長時間いけますし、蒸れまくりだった問題も解消されています。

コレは非常にでかい!

コスパ高だったサラウンド効果はそのままに

初期型の評価が割れるのは装着感は最悪だけどサラウンド効果は値段の割に良かったからだと思うんです。

1万円そこそこで買えるワイヤレスさらにとしては上出来なサラウンド効果と臨場感でした。

足場の方向や戦闘が起きている方向などもしっかり把握できます。

また、ヘッドセットコンパニオンアプリをPS4にインストールすれば対応ゲームごとに最適化された音に調整してくれる機能があったりと純正ならではのメリットもあります。

そういった良い部分は軽量化されても劣化せずにそのまま残されていました。

欠点らしい欠点がなくなった優等生なサラウンドヘッドセットといった感じです。

マイクはまずまずの合格点

マイクも初期型と特に違いは感じませんでした。

クリアで変な雑音を拾うこともなく、普通に会話できます。

ちなみにですが、PS4で自分のマイク音を確認するには

【設定】

【周辺機器】

【オーディオ機器】

【マイクレベルを調整する】

で確認することができます。

自分の声を聞くのは気持ち悪いですが、オンライン通話をする前に一度チェックしておきましょう。

総評:CUHJ-15007の評価

CUHJ-15007とCUHJ-15001の比較

 

初期型の良い部分はそのままに欠点だった装着感が改善された新型の純正ワイヤレスサラウンドヘッドセットのCUHJ-15007。

これはコストパフォマンス相当高いと言えるでしょう。

今から買うなら絶対に新型です。

初期型のほうが数千円やすかったとしてもそこはケチってはいけません。

絶対後悔します、それくらい今度の新作は良いと思います。

モンハンやらフォートナイトでオンラインプレイする方も増えていることでしょう。

サラウンドヘッドセットがあったほうが立ち回りで絶対に有利です。

オフラインで遊ぶにしても臨場感が段違いですしね。

これからPS4でサラウンド環境を整えようという方には今回の新型は最適ではないかと。

PS4の純正に相応しい使い勝手の良さで非常におすすめです!