僕は猫だった

猫飼いヘッドホンオタクによる雑記ブログ

【レビュー】オーディオテクニカのSOLID BASS ATH-CKS550BTを評価します!【Bluetoothイヤホン】

スポンサードリンク

f:id:catpaper:20170630144132j:plain

皆さん、こんにちは!

今回はオーディオテクニカのBluetoothイヤホン『ATH-CKS550BT』をレビューしたいと思います。

(Amazon - ATH-CKS550BT)

以前、別記事中でこのイヤホンを紹介していたものを消してしまったので改めてご紹介という形です。

有線イヤホンで人気だったATH-CKS550を無線化

(ATH-CKS550)

コスパの良い有線イヤホンとして人気だったATH-CKS550をBluetooth化したのがこの商品。

音質などはほぼほぼ同質で、Bluetoothイヤホンも本当に進化したなぁと思わされます。

もちろん値段は有線より少しお高いわけですが、無線化で得られるメリットはお値段以上です。

商品説明と実態が合っていない点に注意

オーテクからそこそこ買いやすい価格のBluetoothイヤホンが出たということで期待した人も多かったと思います。

しかし、ちょっと商品の説明と実際のイヤホンの性能があっていない部分があります。

注意1・重低音?CKS550の音の傾向

f:id:catpaper:20170630152659p:plain

これは有線のATH-CKS550から同じことがいえるんですが、重低音を謳ったSOLID BASSシリーズながら、このCKS550(BT)に関しては重低音ではないです。

ノーマルなドンシャリと言いますか、低音と高音を強調した日本人好みな音の傾向です。

万人受けするタイプかな、と。

しかしソニーのEXTRA BASSシリーズのような低音盛り盛りのサウンドを期待して買うとガッカリすると思うので、気をつけてください。

注意2・ちょっと気になるネックバンドの形状

f:id:catpaper:20170630151759j:plain

『着けていることが気にならない自然なコード配置と、軽やかなフィット感を追求した新形状ウェアラブルネックバンドを採用』

と商品の説明にはありますが‥。

上の写真をみてもらうとわかるように、ネックバンドが長すぎて首に掛けた時に左右のさきっぽ同士が当たってしまいます。

その位置からコードが出ていて、それが耳にくるわけですからコードも頬に当たります。

首周りがガッシリした人なら問題ないかもしれませんが‥。

女性だと多分僕と同じような状態になるんじゃないかと。

めちゃくちゃ気になるってわけではないけどちょっと気になったので注意。

コントローラーの操作性は非常に良い

f:id:catpaper:20170309101102j:plain

ネックバンドの左右先端にコントローラーが配置されています。

通常のBluetoothイヤホンは長押しで電源ON・ボタン押しっぱなしでBluetooth接続といった操作のものが多いですよね。

それに比べてCKS550BTは上の画像のようにスライドでON・OFFすることができます。

基本操作が非常にしやすく簡単なのは良かったです。

 

充電用USBはネックバンド後部のボックスに

f:id:catpaper:20170630153338j:plain

結論・ATH-CKS550BTはオススメか否か

実用に足る基本性能と音質を備えたBluetoothイヤホンとして発売当初はおすすめできるものでした。(2016年7月頃)

デザインも個人的には好きです。

しかし最近では1万円以上のBluetoothイヤホンでオススメだったSol RepublicのSHADOWが値下がりしはじめてCKS550BTほとんど変わらない値段で買えるようになってきました。

今から買うならSHADOWのほうをおすすめします。

こちらは首に非常に馴染むネックバンドで音質も良く非常におすすめです。

(Amazon - Sol Republic SHADOW)

下記記事でSHADOWを含むオススメBluetoothイヤホンについて紹介していますのでよかったらチェックしてみてください!