僕は猫だった

猫飼いヘッドホンオタクによる雑記ブログ

ワイヤレスになったambie『wireless earcuffs』をレビューします!

スポンサードリンク

ambie wireless earcuffs

Amazon:ambie - wireless earcuffs

2017年に大ヒットした耳を塞がない有線イヤホンambieの『sound earcuffs』がBluetoothイヤホンに進化して登場しました。

実はsound earcuffsが発売されるとなったときに僕は記事上で全くオススメできないと断言したのですが‥

(→SONY系の耳を塞がないイヤホンambie(アンビー)が個人的に全くオススメできない理由 )

予想に反してambieは大ヒット。笑

ただ、記事上でワイヤレスなら欲しかったとも書いていたんですよね。

それで今回、Bluetooth化したwireless earcuffsを購入して試してみることにしました!

『耳を塞がず音を楽しむ、新感覚「ながら」イヤホン』の実力は如何に!

写真レビュー

ambie wireless earcuffs 外箱

箱は値段の割にかなりシンプル。オシャレ系イヤホンなのでプレゼント用にする方もいるかもってことを考えるとややチープな気が。

イヤホン本体。Asphalt Blackを頼んだんですが‥これはどうみてもグレーではないですか?笑 まぁ良いけど‥

耳に挟んだとき、この穴から耳孔に音を打ち込む感じで「聴く」と「聞く」を両立するシステム。

左右判別用のバーがL側についていました

操作ボタンは左右のネックバンド先端部に集約。

付け方を頭で理解していても最初は鏡をみながらでないと難しいです。2,3回で慣れます。

たしかに新感覚な「ながら」聴き。外音取り込み機能との違い

SONYアンビエントサウンドモードを始めとした外音取り込み機能との違い

オシャレなイヤホンですが質感はソニー系だけあってまんまソニーのイヤホンといった感じです。

装着感・質感はともに文句なし。

wireless earcuffsを装着してまず感じたのが、たしかに今までにない「ながら」イヤホンだということ。

高機能イヤホンの中にはマイクで集音して音楽を聴きながらでも外音をきかせてくれる機能を持ったものがいくつかあります。

(外音取り込み機能・アンビエントサウンドモード等)

特にSONYのそれはかなりの高機能で自然に外音が透過してくるような感覚があり、個人的には非常に重宝しているんですが、これともまた違った感覚でした。

(WI-1000X等)

どう違うのかと言いますと‥

  • wireless earcuffs‥外音を聞きながら音楽をBMG的に聴ける
  • 外音取込機能‥音楽を聴きながら外音も聞ける

外音取り込み機能の場合、アナウンス音や人の声が聞こえるとはいってもそこはやはりその音に意識を集中させる必要があるんですよね。

一方でwireless earcuffsは本当に自然に人の声などの外音が自然と耳に入ってきます。

意識する必要がない、なのに自分にだけ音楽が流れてくる。

これが新感覚で楽しいのです。

また、外音取り込み機能のついたイヤホンは総じてカナル型で耳を塞ぐもの。

wireless earcuffsは耳に挟んで聴くスタイルなので耳への圧迫感・閉塞感が無く、そういったストレスが皆無なんですよね。

余計な弊害無く、音楽を身近なものにするという意味では面白いなーと思います。

逆に音質的な部分は比較にもなりませんが。。

音漏れはやっぱしますよ

装着方法と指向性の工夫で音漏れしないと謳っていますが、音漏れはある程度します。

音量をあげすぎなければ【ほとんど音漏れしない】レベルまではいけますが、やっぱり満員電車や図書館で使うのはちょっと厳しいかなと。

満員電車では外音取り込み機能のついたイヤホンのほうが便利です。

逆にそれ以外の場所では気兼ねなく使えます。

近所に買い物に行くときなんかは特に良いかなと。

偶然ご近所さんなどの知り合いに見つかって話しかけられたのに気付かなかったといったことはおこらないでしょう。

つけていても開放感があるので買い物自体も楽しめると思います。

低音はやはり引っ込み気味

このイヤホンに音質的な部分(特に低音)を期待して買う人はいないと思いますが、どこかの提灯記事で低音もいけるぞ!みたいなこと書かれてるのをみたので一応。

低音はやっぱりスカスカです。

この装着方法ですから、それは仕方のないこと。

逆にこの付け方で低音がズンズン響いたら誰もイヤーピースをかえたりして装着感にこだわったりしないわけで‥

ただ、ボーカルは割とよく聞こえます。

あくまでBGMです。

自分だけに聞こえるBGMという感じです。

wireless earcuffsの評価:やはり有線よりはワイヤレスのほうが実用的

wireless earcuffsは完璧なイヤホンではありません。

音漏れはするし音質はBGMレベルです。

でも、新感覚の「ながら」聴きはたしかに楽しかった!

【外音は聞こえるし音質は良いし、どこでも使えるし‥】

みたいな過度な期待さえしなければ、オシャレだし実用性は有ると言えるでしょう。

ワイヤレス化で値段も2倍になってしまいましたが、買うなら絶対Bluetoothバージョンですね。

これが有線だとやっぱり使う気にはなれません。

せっかくの開放感が台無しになってしまいますもの。

個人的には記事中でも書いたように近所への買い物なんかで使いたいなと思っています。

ambie「wireless earcuffs」のレビューは以上です!

購入を検討中の方の参考になれば幸いです!