僕は猫だった

猫飼いヘッドホンオタクによる雑記ブログ

響く重低音!SkullcandyのCrusherをレビュー【サブウーファー搭載ヘッドホン】

スポンサードリンク

ヘッドホン・SkullCandy Crusher

Amazon:Skullcandy - Crusher

2018年、皆さんあけましておめでとうございます。

去年は買ったものの中から気になったものを中心にレビューしてきました。

今年は【おすすめとして紹介してきたけど、レビューは書いていなかった】そんなオーディオアイテムたちのレビューをこれまでと並行して増やして行きたいと思っています。

定番の人気アイテムなのでレビューするほどでもないかな‥という思いがあったのですが、どこかで誰かの買い物の役に立つこともあるかな~と。

そんな定番オススメアイテムレビュー第一弾となるのが今回紹介するSkullcandyのCrusherです!

写真レビュー

SkullCandy Crusher

ドクロマークがアクセントになったヘッドホン本体。

SkullCandy Crusher イヤーパッド

パッドの内側、見えないところにもこだわりが。

Crusher 折りたたみ

折りたたんでコンパクト収納可。サイズの参考にスマホを置いてみました。

Crusher ケーブル

ケーブルは脱着式なので断線を気にせず長く使えます。

Crusher ケース

袋タイプのケースが付属。

SkullCandy Crusher 振動板

振動板のために黄色の部分を外して電池を入れます。(電池は付属有)

デザインは若い人向け

スカルキャンディーはよくオシャレだって言われていますよね。

ブランドシンボルであるドクロマークが目を引きます。

若者向けといった感じ。

もう年齢的に【おじさん】に突入してしまった僕にはそのドクロマークが外使いするにはややきついわけですが‥笑

家でしか使わないのでそんなの別にいいんですけど!

Crusherの音質

なんといってもその特徴的なのが振動する重低音。

【揺れるような低音】とか【響くような低音】ではない、実際に搭載されたサブウーファーが振動する重低音です。

時々重低音を謳っているわりに大した事ないヘッドホンもありますが、こいつは本物。

サブウーファーの効果で他のヘッドホンにはない低音の迫力を実現しています。

しかし、ただイカれた重低音を出すだけでないのがクラッシャーの愛されるところでしょう。

サブウーファー用ドライバーと通常ドライバーのデュアルドライバー使いで重低音を出しつつ中高音のクリアさも実現しているのです。

振動MAXでもしっかりボーカルが潰れずに聴こえます。

振動をコントロール可能なので普通のヘッドホンとしても使用可

Crusher スライダー

上下するスライダーで低音域をコントール出来ます

振動の量は画像部分のスライダーで好みの量に調整可能。

1番下まで下げるとOFFになります。

OFFにすれば普通のヘッドホンとして使えるわけです。

しかし、OFFにして使う機会はあまり無いでしょう。

せっかくのクラッシャーの特徴を消してしまうわけですから。

クラッシャーをメインヘッドホンとして使うには振動がどうしても合わない曲もあるので、そういった時用ですね。

映画やゲームでも際立つ迫力

重低音が凄いからHIPHOPやEDMに最高!というのは容易に想像のつくところですが、このヘッドホン映画やゲームでもすごい実力を発揮します。

  • 波の押し寄せを音
  • 地響き
  • 恐竜などの巨大生物の足音
  • etc...

上記のような音の迫力が普通のヘッドホンなどとは段違いです。

鳥肌モノの迫力なので是非お試しあれ。

総評:Skullcandy Crusherの評価

“自分だけのクラブ空間を作り出せる”ヘッドホン。

とにかく響く重低音が楽しいです。

音楽だけでなく映画やゲームでも価値を発揮する点も考えると非常にコスパは高いと思います。

高い時は13000円くらいしたものですが、今では1万円ちょうどくらいで買えますしね。

(2018年1月現在の価格)

特徴のはっきりしたヘッドホンなのでこういうの好きな方はメインで使う価値充分にアリです。

また、その特徴ゆえにサブ用にも適しています。

いくつかヘッドホンを持っていると特性の似たものはあまり使わなくなるものですが、このクラッシャーは非常にユニークな存在なのでホコリを被ることがまずありません。

このヘッドホンをみてピンときたかたはメインヘッドホンを持っている・いないに関わらず買って損のないアイテムだと思います。

重低音好きの方は是非一度手に取ってみてください!