僕は猫だった

猫飼いヘッドホンオタクによる雑記ブログ

【中華イヤホン】KZ新作!1000円台で買える超コスパのES3をレビュー!

スポンサードリンク

f:id:catpaper:20170920041116j:plain

中華イヤホンの超コスパメーカーKZから新たな新作イヤホン、ES3が登場しました。

ES3は1DD+1BAの2ドライバーを搭載しながら1000円台で買える低価格帯に属するイヤホンです。

KZのイヤホンではすでにZSTというイヤホンが安いのに高音質だと評判が評判を呼び、低価格帯の定番人気イヤホンとなっています。

(参考URL:Amazon - KZ ZST)

そんな超人気を博したZSTにかわる、新たな低価格帯中華イヤホンの定番となれるのか!?

中華ガジェット通販大手のGearBestさんにサンプル提供していただいたので、詳しくレポートしていきたいと思います!

 

(ES3はGearBest専売のイヤホンだそうです)

リンク:GearBest :KZ ES3 

参考:【海外ガジェット通販サイト】GEARBESTの登録から購入までを解説します

写真レポート

f:id:catpaper:20170920041303j:plain

7cmちょいのコンパクトでシンプルな箱

f:id:catpaper:20170920041222j:plain

箱を開けるとイヤホンお目見え

f:id:catpaper:20170920041225j:plain

付属品。リケーブル出来ます。

f:id:catpaper:20170920041236j:plain

ドライバー表記。普通はBA1個でも1000円台なら破格なんですけどね~

f:id:catpaper:20170920041218j:plain

L・R表記はこの位置。スケルトンでちょっと見つけにくいかもしれません。

ES3の音の傾向について

癖の強かったZSTと比べるとかなりバランスの良い音を鳴らします。

ZST同様に高音はよく出ていますがサ行が刺さらず、低音・中音ともにしっかり主張してきます。

このバランスの良さはどちらかというと同社イヤホンの上位機種で高コスパ中華イヤホンの定番となっているZS5に近いものがあるかもしれません。

ただ、この2つを比べるとさすがに繊細表現や音の情報量に明確な差がありますが。

(参考記事:【中華イヤホン】話題のKZ ZS5をレビュー!)

ZS5はドライバー4つですし値段もES3より高いですからね。

ZS5も音質を考えれば信じられないほど安いイヤホンですが、ES3はこの音で1000円台は本当にすごいとしか言いようがありません。

パワーの無いスマホやPCで音楽を聴くのがメインというカジュアル志向の方にはZS5よりもコスパ面も含めると最適かもしれません。 

その他・雑感

装着感はまずまず

SHURE掛けできるので安定感は◯。

イヤホンの形状がZSTと変わりましたが、フィト感はまずまずといったところ。

可もなく不可もなく、遮音性も許容範囲。

付属ケーブルは相変わらず

f:id:catpaper:20170920041230j:plain

イヤホンの方に全力でケーブルの出来は相変わらず。

ZST同様に絡まりやすく安っぽいケーブルです。

質感だけでなく見た目までゴム丸出しだったZS5のケーブルよりはマシですかね。

ZS5のレビュー記事でリケーブルレポートも出していますが、KZのイヤホンは専用のアップグレードリケーブルを使用することで使い勝手も音質も向上します。

ES3を使ってみて気に入った!という方はリケーブルも検討してみると良いと思います。

ES3の総合評価:破格の高コスパイヤホン

ES3は1000円台で買えるイヤホンとしては驚異的な音質で、今後低価格中華イヤホンの定番となっても全くおかしくないイヤホンだと思います。

中華イヤホン以外でこの音質を1000円台でってのは、、、ま~無理でしょうね。

コスパの次元が違いすぎる。。

中華イヤホンにハマる人が近年たくさん出てきているのも納得です。

ZSTにすでにハマッている人は、あの音の傾向に惚れているところもあるでしょうから買い換える必要はないかもしれません。

ZS5を持っている方もES3の上位版みたいなものなので同様です。

これから中華イヤホンを試してみようかなと言う方にはめちゃくちゃオススメです。

とにかく安いので入門用としては最適、是非一度試してみてください。

この値段でこんな高音質なイヤホンが手に入るのか!と驚きと感動を覚えること請け合いの逸品です!

 

リンク:GearBest :KZ ES3 

参考:【海外ガジェット通販サイト】GEARBESTの登録から購入までを解説します