僕は猫だった

オーディオマニアによるイヤホン/ヘッドホンのレビューブログ

【TaoTronics SoundLiberty97レビュー】3000円台のコスパTWS!意外に良い音でプールでも使える防水性能

Author:猫居こうた

*当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

TaoTronics SoundLiberty97

こんにちは、猫居です。

今回レビューするのはTaoTronicsの新作完全ワイヤレスイヤホンSoundLiberty97です。

値段は定価で3999円と4000円を切る低価格TWS。

連続再生時間9時間にapt-X対応。

防水性能IPX8はプールに浸水させても使える性能。

基本性能はこれ以上ないほど充実していてコストパフォーマンスの高そうなイヤホンです。

あとは音質や使い勝手に問題がなければかなりオススメのイヤホンとなりそうですが、実際のところどうなのかチェックしていきましょう。

*本レビューはメーカー様よりサンプルをご提供いただいております。執筆料などはいただいておらず、自由にレビューさせていただくことを条件にお引き受けしています。

TaoTronics SoundLiberty97の詳細レビュー

外観・付属品チェック

外箱はシンプルないつものTaoTronicsデザイン。

清潔感ありますしこういうところに無駄なコストをかけないのは良いですね。

イヤホンケース、USBはType-Cを採用。

つや消しがきいていてとても質感の良い仕上がりです。

コンパクトで持ち運びもしやすく非常に良いものだと思います。

イヤホンもケース同様に低価格とは思えない質感の良さ。

物理ボタンではなくタッチセンサー式です。

  • 1タップ→音量上下
  • 2タップ→再生・停止
  • 3タップ→曲送り・戻し

付属品。

説明書は日本語役がついているだけのものと違い、きちんとした内容になっています。

音質評価

TaoTronicsの完全ワイヤレスイヤホンといえば大ヒット作のSoundLiberty53を思い浮かべる方も多いかと思います。

【TaoTronics SoundLiberty53レビュー】5000円以下で定番人気のTWS!その実力をチェックします

SoundLiberty53は低音爆盛りのイヤホンでした。

対してSoundLiberty97は比較的バランスの取れた弱ドンシャリイヤホンとなっています。

音場はやや狭い印象。

全体的に元気な味付けで明瞭感がありボーカルにフォーカスのいく仕上がりになっています。

低音はやや派手めに鳴りますが必要最低限の量感で深みはそれほど無いです。

そのためしつこい感じはなく全体をすっきりした印象にさせます。

ただ重低音がほしい場合は物足りない可能性も。

高音も結構アクセントがきいていてこの価格帯ではかなり明瞭。

中音域はボーカルがくっきりと強調され、歌ものはかなり聴きやすいです。

低音爆盛イヤホンが多いこの価格帯ではかなりすっかり音を出すTWSと言えます。

装着感や使い勝手について

イヤホン装着感は標準的。

防水性能がIPX8と非常に高いのでスポーツでもガンガン使っていきたいところですが、激しい運動に適したフィット感まではないと感じます。

タッチセンサーの感度はまぁまぁといったところ。

タップの回数は正確にカウントしますが一瞬遅れて操作を受け付けるようなイメージです。

(2タップして一瞬間をおいて再生が始まるといった感じ)

Bluetoothの接続は非常に安定して使えます。

またケースがコンパクトかつ薄型なのも好印象。

イヤホン・ケースともに質感良く、安物感はまったくないので日常使いでとても活躍すると思います。

注意点

コーデックAACには対応していない点

SoundLiberty97はSBCとapt-Xには対応しているもののAACには対応していないようです。

Androidではapt-Xで接続できれば万々歳なので問題ありませんが、iPhoneを使用している方はSBCで接続することになります。

総評

今回のTaoTronicsの新作SoundLiberty97は次なる大ヒット作・定番商品となり得る意欲作と感じました。

  • コンパクトなケースとビルドクオリティの高さ
  • 誰にでも聴きやすい音の整え方
  • 高い防水性能・連続再生時間

そしてなんといっても3000円台で買える圧倒的な安さですね。

SoundLiberty53が5000円切りで実用的に使えるTWSとして大ヒットしたように今度はSoundLiberty97が4000円切りでより実用的に使えるTWSとして話題となりそうです。