僕は猫だった

猫飼いオーディオ愛好家によるイヤホン/ヘッドホンのレビューブログ

【Victor HA-FW1000Tレビュー】ウッドシリーズらしい上質な音。でも機能・操作性はかなり微妙

スポンサードリンク

Victor HA-FW1000T

Amazon:Victor - HA-FW1000T

こんにちは、猫居(@KotaNekoi222)です。

今回レビューするのはVictorの完全ワイヤレスイヤホンHA-FW1000T。

『木』を使ったVictorの超人気イヤホン【ウッドシリーズ】から初のTWSとなります。

ノイズキャンセリングや外音取り込みなどの流行り機能だけでなくデジタル音源をハイレゾ相当に引き上げる「K2テクノロジー」も搭載。

値段も高級路線のウッドシリーズだけあって完全ワイヤレスでは最高級に当たる4万円弱でした。

音質も機能性も最高クラスのものが期待されるわけですが‥

結論から言いますと、音質は最高!操作性は最悪!

個人的には今まで使った完全ワイヤレスイヤホンで音は一番好みでした。

でも操作性に癖が強く、機能面でもコストパフォーマンスが良いとは言えないので人にオススメはしにくいって感じです。

「イヤホンは音が全て、多少の操作性の悪さは許容できる」という方やウッドシリーズファンの方は購入してもいいかもしれません。

細かい評価については下記の目次より各項目をご覧ください。

開封メモ

高級機とは思えないほど簡素なパッケージ。

外箱とか正直あまり気にしないほうですが、これくらいの値段のものだと贈り物にする場合もあると思うのでもう少しちゃんとしたほうが良かったのでは‥。

付属品。

イヤーピースはスパイラルドットがついてきます。

イヤホンケースはラバーな質感でしっとりしています。

経年劣化しそうなのでケースにも木製加工してくれたら良かったのですが。

でもニッパーは相変わらず可愛いですね。

イヤホンサイズはやや大ぶり。

イヤホンにはウッド感が出ていて高級感あります。

音質評価

音質は素晴らしい。

この一言に尽きると思います。

上質でリッチな音楽体験には大変満足でした。

特に空間表現力が圧倒的。

他のどの完全ワイヤレスイヤホンとも違うウッドシリーズ独特の柔らかい音も非常に心地良いものがあります。

低音を余裕をもって鳴らす様は高級機に相応しく、余韻もまた心地良いです。

高音域に若干の硬さを感じますが中音~高音の抜けの良さもあって耳障りの悪さは全く感じません。

ノイズキャンセリングなどの機能性評価

機能性は値段の割に優れているとは言い難いものがあります。

まずノイズキャンセリングはツイッターでも紹介しましたが、-35db低減を謳っているノイキャンTWSとほぼ同等の効き目です。

これは安ければ6000円を切るくらいのノイキャンイヤホンの性能なので4万円弱する高級機としてはかなり不満の残る性能でしょう。

ただ最近は格安機でもそれなりのノイキャンが効くので、ノイキャン自体の効果はそこそこに体感できるレベルではあります。

外音取り込み機能はかなり自然な取り込み音。

ただ切り替えに妙に時間がかかるのがマイナスポイント。

(外音取り込みだけでなくすべての機能切り替えに)

また専用アプリが無く、イコライザーや操作割り当てなどができないのは高級機としては痛いですね。

操作性評価

なぜこんな操作性になっているのか?

多くの人が疑問に思っているのでは無いかと思います。

まずタップしてから反応するまでのレスポンスの悪さ。

格安の完全ワイヤレスイヤホンよりレスポンスが遅いのはいただけません。

操作配置もちぐはぐな印象。

f:id:catpaper:20211122170700j:plain

経験上3タップくらいから誤操作が多くなってきますが、音量や曲の変更に3タップ必要になります。

ノイキャンの至っては4回もタップしないと変えられません。

使うのが嫌になるほど操作性が悪いとは言いませんが、少なからず我慢が必要になる操作性だと思います。

装着感評価

標準でスパイラルドットが付属しています。

個人的には悪くない装着感でした。

ですがノズルが長く耳奥に深く差し込むタイプなので人を選ぶ可能性があります。

また、そこそこ大きなイヤホンを耳穴だけで支えているので走ったりすると取れそうになる(実際には取れませんが)不安感があります。

まとめ

良い点

  • 柔らかく上質な音
  • 広大な音場感
  • 低音の質感
  • 物欲を刺激するウッドシリーズ

悪い点

  • 操作性の悪さ
  • レスポンスの遅さ
  • 値段の割にいまいちなノイキャン
  • 専用アプリが無い

音は最高に心地良いだけにせめて操作性だけはもう少しなんとかしてほしかったというのが本音です。