僕は猫だった

オーディオマニアによるイヤホン/ヘッドホンのレビューブログ

代替におすすめ!AirPods Pro 2より良いワイヤレスイヤホン【コスパ・音質】

TWSコレクターの猫居です。

今回のテーマはAirPods Pro 2の代わりとしておすすめの完全ワイヤレスイヤホン。

ただAirPods Pro 2より安いというだけでなく、ある程度似た特性を持ったもの・より高音質でコスパに優れたものをセレクトして紹介します。

AirPods Pro 2は強力なノイズキャンセリング機能(ANC)と洗練された使い勝手の良さが魅力。

しかし、音質的には大満足とまではいきません。

また非常に高価なイヤホンなので、出来ればもっと安く済ませたいと思う方も少なくはないでしょう。

Androidでは使えない機能もあるのでAirPods Pro 2のような機能のイヤホンが欲しいと考えるAndroidユーザーの方にもご参考いただけるかと思います。

AirPods Pro 2の詳細レビューとAndroidで使う際の注意点

AirPods Pro 2の特徴・特性

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/catpaper/20220926/20220926181348.jpg

AirPods Pro 2には以下のような特徴・特性があります。

 
AirPods Pro 2
スペック

価格
39,800円

連続再生時間
6時間(単体)/30時間(ケース込)

コーデック
SBC・AAC

防水性能
IPX4

主な機能 ノイズキャンセリング・外音取り込み機能・空間オーディオ(Apple製品のみ)・イコライザー(Apple製品のみ)
メリット
  1. カナル型らしからぬ軽い装着感
  2. 違和感のない自然な外音取り込み機能
  3. 1+2で快適な『ながら聴き』が可能
  4. 非常に強力なノイズキャンセリング機能
  5. ヘッドトラッキングによる空間オーディオ機能
デメリット
  1. 音質は1万円台TWSと同等レベル
  2. TWSの中でもトップクラスに高価

以前AirPods Pro 2の音質比較記事でも書いたように、AirPods Pro 2は1万円台くらいのTWSと同等程度の音質です。

なので音質だけ見ればAirPods Proより優れたイヤホンはたくさんあります。

圧倒的なノイキャンや装着感の快適さなど、利便性の高さが売りのイヤホンと言えます。

AirPods Pro 2の代わりにおすすめな完全ワイヤレスイヤホン

上記のような特徴をもつAirPods Pro 2の代わりになり得る高機能な完全ワイヤレスイヤホンを5つ紹介します。

SONY Linkbuds S

ソニー版AirPods Pro

 
Linkbuds S
スペック

価格
21,000円(Amazon)

連続再生時間
6時間(単体)/20時間(ケース込)

コーデック
SBC・AAC・LDAC

防水性能
IPX4

主な機能 ノイズキャンセリング・外音取り込み機能・ハイレゾ・イコライザー・マルチポイント
メリット
  1. AirPods Pro 2並に快適な装着感
  2. AirPods Pro 2より高音質
  3. 『ながら聴き』も快適
  4. AirPods Pro 2の約半額で購入可
デメリット
  1. ノイキャン性能はAirPods Pro 2に敵わない

装着感の良さや『ながら聴き』がアピールポイントのSONY版AirPods Proといえる完全ワイヤレスイヤホン。

SONYのハイエンドモデルWF-1000XM4と同じV1チップを搭載しています。

イヤホンの装着感は非常に軽く、AirPods Pro 2と大差ない快適さです。

外音取り込み機能も優秀なのでイヤホンをしていることを忘れそうになるような『ながら聴き』が可能。

音質もAirPods Pro 2より良く、『DSEE Extreme』というSONY独自機能も魅力です。

『DSEE Extreme』とは圧縮音源をアップスケーリングしてハイレゾ相当に引き上げる機能。

このおかげで普段はハイレゾ音源の恩恵を受けられないiPhoneでもハイレゾ相当で聴くことができます。

(iPhoneではハイレゾが聴けるコーデックが利用できないため)

2022年11月のアップデートで2台同時接続可能なマルチポイント機能にも対応しました。

Airpods Proに近い快適さでより高音質・高機能。

それでいて価格は半値に近い安さです。

コストパフォーマンスは圧倒的にLinkbuds Sの方が優れています。

唯一の欠点はノイズキャンセリングがAirPods Pro 2ほど強力ではないという点。

充分に効果を実感できるレベルの消音力ですが、ノイキャンを重視したい方はお気をつけください。

SONY Linkbuds S・AirPods Pro・WF-1000XM4の比較レビュー

Bose QuietComfort earbuds Ⅱ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/catpaper/20221005/20221005170515.jpg

最強のノイキャンイヤホン

 
QuietComfort earbuds Ⅱ
スペック

価格
33,000円(Amazon)

連続再生時間
6時間(単体)/24時間(ケース込)

コーデック
SBC・AAC

防水性能
IPX4

主な機能 ノイズキャンセリング・外音取り込み機能・イコライザー
メリット
  1. AirPods Pro 2よりさらに強力なANC
  2. AirPods Pro 2より迫力のある低音
  3. 快適な装着感
デメリット
  1. ケースのサイズがやや大きめ
  2. それほど大きな節約にはならない

AirPods Pro 2のような強力なノイキャンが欲しい場合の代替イヤホンにおすすめなのがBose QuietComfort earbuds Ⅱ。

2つをノイキャン比較した結果、消音力はQuietComfort earbuds Ⅱのほうがさらに上。

現状の最強ノイズキャンセリングイヤホンといえます。

音質的にも低音の迫力は段違い。

臨場感あるサウンドでAirPodsより楽しく聴けます。

装着感も前作から改良されて快適です。

  • AirPods Pro 2に比べてケースサイズが少し大きいこと
  • 値段がそれほど安く上がるわけではないこと

この2つが欠点といえるでしょうか。

Bose QuietComfort earbuds Ⅱの詳細レビュー

Anker Soundcore Liberty 4

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/catpaper/20221110/20221110172047.jpg

空間オーディオ対応・多機能コスパTWS

 
Soundcore Liberty 4
スペック

価格
14,990円(Amazon)

連続再生時間
7時間(単体)/24時間(ケース込)

コーデック
SBC・AAC・LDAC

防水性能
IPX4

主な機能 ノイズキャンセリング・外音取り込み機能・ハイレゾ・空間オーディオ・マルチポイント・イコライザー
メリット
  1. ヘッドトラッキングによる空間オーディオ
  2. AirPods Pro 2に近い操作性
  3. 値段の割に優秀なANC
  4. AirPods Pro 2の半額以下
デメリット
  1. 高音の刺さりがやや気になる
  2. 外音取り込みはやや高音がカサつく

ヘッドトラッキングによる空間オーディオに惹かれる方におすすめ。

音像が正面に固定されるので簡易的な空間オーディオとはライブ感が違います。

(後ろを向けばちゃんと後ろから音が聴こえます)

音質的にはLiberty 4のほうが低音の量感豊かで迫力があります。

しかしやや高音が刺さり気味なのでイコライザーで落ち着かせてやると良い感じです。

また外音取り込み機能はイヤホンをしていない時と比べると高音がややカサついて聞こえてくるのがAirPods Pro 2とは違うところ。

ノイキャンもAirPods Pro 2には及びませんが、値段の割には強力な部類といえます。

操作性がAirPods Pro 2にかなり近いのもポイントです。

スティック部分をつまむことでセンサーが反応。

擬似的な物理ボタンのように機能します。

通常のタッチセンサー式のような誤操作が起きる心配がありません。

その他マルチポイントにも対応しているなど、全TWSの中でもトップクラスの多機能さです。

それでいて値段はAirPods Pro 2の半額以下、約2/5。

コストパフォーマンス凄いです。

Anker Soundcore Liberty 4の詳細レビュー

SONY WF-1000XM4

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/catpaper/20220814/20220814143927.jpg

高音質+強力ノイズキャンセリング

 
WF-1000XM4
スペック

価格
26,000円(Amazon)

連続再生時間
8時間(単体)/24時間(ケース込)

コーデック
SBC・AAC・LDAC

防水性能
IPX4

主な機能 ノイズキャンセリング・外音取り込み機能・ハイレゾ・イコライザー・マルチポイント(対応予定)
メリット
  1. AirPods Pro 2より圧倒的に高音質
  2. AirPods Pro 2と僅差の強力ノイキャン
  3. AirPods Pro 2の約2/3の値段
デメリット
  1. 密閉感強めのつけ心地

ソニーのハイエンド完全ワイヤレスイヤホン。

高音質と強力ノイキャンを併せ持つ完成度の高いイヤホンです。

ソニーらしい明瞭感ある元気サウンドが特徴。

音質はAirPods Pro 2よりはるかに良いです。

Linkbuds Sで紹介した機能『DSEE Extreme』ももちろんあります。

ノイキャンは僅かにAirPods Pro 2劣りますが、非常に強力なもの。

前述のLinkbuds Sより音質は1ランク、ノイキャンは2ランク上の実力です。

WF-1000XM4は2021年発売のモデルと少し発売から時間が経っているので他社ハイエンドイヤホンに比べてかなり安く買えます。

なのにスペック的にも音質・性能的にも最新のイヤホンに全く引けを取りません。

AirPods Pro 2と比べればお値段は約2/3。

とても魅力的ですね。

欠点はかなり密閉感あるつけ心地なのでAirPodsのような軽いつけ心地を求める人には向かない点。

WF-1000XM4とAirPods Pro 2の比較レビュー

ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 3

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/catpaper/20220520/20220520182826.jpg

総合力No.1TWS

 
MOMENTUM True Wireless 3
スペック

価格
36,300円(Amazon)

連続再生時間
7時間(単体)/28時間(ケース込)

コーデック
SBC・AAC・aptX・aptX adaptive

防水性能
IPX4

主な機能 ノイズキャンセリング・外音取り込み機能・ハイレゾ・イコライザー・マルチポイント
メリット
  1. TWSで最高クラスの高音質
  2. AirPods Pro 2にはやや劣るが強力なノイキャン
  3. 装着感や操作性も抜群に良い
  4. 値段に見合った高級感あるデザイン・質感
デメリット
  1. AirPods Pro 2とあまり変わらない値段

TWS最高クラスの音質とノイキャンを併せ持つMOMENTUM True Wireless 3。

同社の高級有線イヤホンのIE600(約9万円)と同様のアコースティックバックボリューム機構を採用。

完全ワイヤレスイヤホンとは思えないほど広大な音場と深みのある低音が魅力です。

ノイズキャンセリングはAirPods Pro 2ほどではありませんが、強力な消音力。

こちらもTWSの中でトップクラスに優秀といえます。

装着感も非常に良好で操作性も抜群。

完成度の高さはピカイチです。

値段に見合った高級感あるデザイン・質感なのも所有欲を満たしてくれて気に入っています。

(AirPods Pro 2は値段の割にちょっとチープですよね)

欠点は予算がAirPods Pro 2とあまり変わらないこと。

ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 3の詳細レビュー

おまけ:(AirPodsの代替として)SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/catpaper/20221108/20221108162634.jpg

ノイズキャンセリングはいらない、AirPods派の方に

 
Air3 Deluxe HS
スペック

価格
6,180円(Amazon)

連続再生時間
5時間(単体)/20時間(ケース込)

コーデック
SBC・AAC・LDAC

防水性能
-

主な機能 ハイレゾ・イコライザー
メリット
  1. インナーイヤー型とは思えない濃厚サウンド
  2. 軽い付け心地
  3. AirPodsの1/3程度で購入可
デメリット
  1. ノイズキャンセリングなどの機能はなし

AirPods ProではなくAirPodsの代わりになるコスパのいいTWSも1つ紹介します。

AirPodsの長所はインナーイヤー型の形状がもたらす軽いつけ心地ですね。

欠点は音質の悪さ、コストパフォーマンスの悪さ。

この欠点を補ってくれるインナーイヤー型TWSがSOUNDPEATS Air3 Deluxe HS。

装着感の軽いインナーイヤー型は低音がスカスカになりがち。

AirPodsも例外ではありません。

しかしSOUNDPEATS Air3 Deluxe HSはインナーイヤー型でもしっかりとした量感の低音が楽しめます。

また、ハイレゾ再生可能なLDACにも対応していて高音域の明瞭感も値段の割に高いです。

もちろんインナーイヤー型最大のメリットである軽いつけ心地も享受できます。

値段は約6000円。

AirPodsよりかなり安く音への満足感をアップできます。

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの詳細レビュー

<注意>よくあるAirPods Pro類似品は代替にはならない

中華TWSを中心に形が似ているだけの類似品はたくさんあります。

そういったものは粗悪なものも多く機能的にも満足出来ない可能性が高いでしょう。

AirPodsの魅力的な特性も当然持ち合わせていません。

安かろう悪かろうというやつです。

この記事で挙げたような【妥協ではない代替として優れたイヤホン】を選んだ方が満足度は高いと思います。

まとめ

今回はAirPods Pro 2の代替候補について考えてみました。

AirPods Pro 2のどの特性に魅力を感じているかで正解も変わってくると思います。

装着感の軽さや『ながら聴き』を重視するなら

SONY Linkbuds S

より強力なノイキャンに求めるなら

Bose QuietComfort earbuds Ⅱ

空間オーディオに惹かれるなら

Anker Soundcore Liberty 4

性能とコスパのバランスを追求するなら

SONY WF-1000XM4

予算いっぱいで最高のTWSといえば

ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 3

AirPodsより高音質なインナーイヤー型なら

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS

まとめるとこんなところでしょうか。

この記事が少しでもイヤホン選択のお役に立てれば幸いです。