僕は猫だった

オーディオマニアによるイヤホン/ヘッドホンのレビューブログ

【等級順/スポーツ用】防水・防塵性能を有した完全ワイヤレスイヤホンのレビュー記事一覧【IPX4~】

防水性能のある(IPX4以上)完全ワイヤレスイヤホン(TWS)のレビュー記事一覧です。

等級順に分類しています。

*あまり古いものや終売になったものは除外していきます

防水・防塵のIP等級について

  水の侵入に対する保護
IPX0 水の浸入に対して特には
保護されていない
IPX1 垂直に落ちてくる水滴に
よって有害な影響を受けない
IPX2 垂直より左右15°以内からの
降雨によって有害な影響を受
けない
IPX3 垂直より左右60°以内からの
降雨によって有害な影響を受
けない
IPX4 いかなる方向からの水の飛沫
によっても有害な影響を受け
ない
IPX5 いかなる方向からの水の直接
噴流によっても有害な影響を
受けない
IPX6 いかなる方向からの水の強い
直接噴流によっても有害な影
響を受けない
IPX7 水面下・15㎝〜1m、30分間
水中に没しても水が浸入しない
IPX8 水面下での使用が可能

 

  固形物体に対する保護
IP5X 粉塵からの保護
IP6X 完全な防塵構造

(引用元:https://www.ip68.jp/technicalguide/pdf/PP%20IPtoukyu.pdf)

IP67→完全な防塵+水中に沈めても使用可能な防水性能

防水・防塵の完全ワイヤレスイヤホン、選ぶ目安と注意点

完全ワイヤレスイヤホンでは雨や汗での故障を防げるIPX4以上の防水性能を備えたものが多いです。

選ぶ際の目安

  • スポーツ(室内メイン)使用→IPX4以上
  • スポーツ(外/砂埃が舞うような場所)使用→IP54以上
  • アウトドアでの使用→IP54以上
  • イヤホンを水洗いしたい場合→IPX5以上
  • プール・川(水遊び程度)など水に浸かる場合→IPX7以上
  • 水泳で使用する場合→IPX8

注意点

  1. イヤホンは防水でもイヤホンケースは防水でない場合が多い
  2. IPX7~の高い防水性能でもお風呂での使用は故障の可能性アリ

1.

イヤホンが防水でもイヤホンケースは防水でない場合がほとんどです。

イヤホンケースを水洗いしようという方はいないと思いますが、イヤホンが濡れたままイヤホンケースに収納するなどすると故障する可能性があります。

2.

シャワー・湯船での使用はあまりおすすめしません。

結露によって故障する可能性があります。

使ったら即故障というほど危険なわけではないと思いますが…

万が一だめになっても諦めがつくもの以外はやめておいたほうが無難かなという感じです。

防水・防塵性能を有した完全ワイヤレスイヤホンのレビュー記事一覧

IP65/IP68のTWS

IP67のTWS

IP57のTWS

IP55のTWS

IP54のTWS

防水性能を有した完全ワイヤレスイヤホンのレビュー記事一覧

IPX8のTWS

IPX7のTWS

IPX5のTWS

IPX4のTWS