僕は猫だった

猫飼いヘッドホンオタクによる雑記ブログ

SONYの耳を塞がないイヤホンambie(アンビー)が個人的に全くオススメできない理由

スポンサードリンク

f:id:catpaper:20170210025901j:plain

Sonyから新しいタイプのイヤホンが発表されましたね。

その名もambie(アンビー)。

お値段は5500円(税抜)で、2月9日発売とのこと。

コンセプトは『耳を塞がず音を楽しむ、新感覚「ながら」イヤホン』。

耳介に挟み、耳を塞がないタイプのイヤホンです。

結構注目を集めているみたいですが、個人的には正直微妙なんじゃないかと。

今回はその理由について書いていきたいと思います。

理由1:Bluetoothイヤホンでなく有線イヤホンであること

面白いコンセプトのイヤホンではあるものの、まさかの有線。

『ながら』使いのイヤホンなのにコードが邪魔になる有線というのはどうなのかな、と。

今時はBluetoothイヤホンでも安くて音質の良い物もバンバン登場していますからね。

参考:ワイヤレスで高音質なBluetoothイヤホンおすすめランキング

 

逆にこれがBluetoothイヤホンだったなら結構欲しかったかもしれません。

理由2:そもそも『ながら』会話が失礼にあたるということ

音楽を聴きながらでも会話ができる、というのが売りであるambie。

しかし耳にイヤホンをつけながらの会話ってかなり抵抗があるというか、自分は出来ないです‥。

それは耳孔を塞いでるかどうか・音が聞こえているかどうか、の問題ではなく相手に失礼だから。

仮に音を流していない状態で耳にイヤホンをしていても、普通誰かと話すときは外しますよね?笑

理由3:防水/防滴仕様では無いのでジョギングなどでの使用は難しい

これもBluetoothでないのと同様に、もったいない仕様ですよね。

僕はよくジョギングに行って音楽を聴きながら走るんですが、やはりジョギング中は周囲の音が全く聞こえないのは困り物です。

あと耳を塞いでいると自分の呼吸音が気になるときもありますね。

なのでambieの【耳を塞がずに周囲の音を聴きつつ音楽が楽しめる】というコンセプトはジョギングにこそマッチしそうな物だと思ったんですが、防水/防滴仕様で無いとは‥。

理由4:そのコンセプトゆえの欠点となんとも微妙な値段設定

ambieの商品説明には音漏れを気にせず楽しめるというような説明がありましたが、全く音漏れしないというのはありえないと思います。

音の方向を耳孔に向けて流すので普通にイヤホンを外した状態で音を流すよりは漏れにくい、とかそういうレベルではないでしょうか。

また、耳孔に入れずに聴くという時点で音質的な部分は諦めざるを得ないですよね。

それでいて5500円(税抜)というのがなんとも微妙なお値段。

新しい物好きでアクセサリー感覚で買える人には良いかもしれませんが、失敗しても良いやという値段ではないのがなんとも難しいところです。

理由5:「ながら」聴きが既存機種で十分可能だということ

f:id:catpaper:20170412023646j:plain

左:BackBeat FIT 右:ウォークマンNW-WS413

外音を取り込んで音楽が楽しめるイヤホンといえばPlantronicsのBackBeat FITというジョギング好きの間では定番のBluetoothイヤホンがあります。

SONYのイヤホン一体型ウォークマンNW-WS410シリーズなんかも外音取り込み機能がついていますね。

いずれもジョギング中は外音に気を配りたいというニーズから生まれたものだと思います。

どちらも値段はambieの2倍以上しちゃいますが‥。

安いものでも最近増えてきている完全コードレスイヤホンや片耳Bluetoothイヤホンなんかも『ながら聴き』が可能ですよね。

値段はambieの半値以下ですし、コードが邪魔になることもありません。

当ブログで実際に使用したレビュー・紹介した記事もありますので、ながら聴きに興味のある方は下記記事をご覧ください。

ジョギングやランニングなどにおすすめのスポーツ用Bluetoothイヤホン4選

完全ワイヤレスイヤホンおすすめランキング【TrueWirelessEarphone】

超小型Bluetooth片耳ヘッドセットQ26が思ったより使える【レビュー】

 

あとがき

新発売で新感覚なイヤホンambieについて色々と書いてみました。

しかし一度も手に取らずに文句ばかり書くのもなんなので、実際に発売されて手に取る機会ができれば音質などについて詳しく追記していきたいと思います。

最近は5000円あればヘッドホンでもイヤホンでも結構いい音質のものが買えるので、音質重視でオーディオをお探しの方は関連記事を追ってみてください。

今回は以上です!

 

関連記事