僕は猫だった

猫飼いヘッドホンオタクによる雑記ブログ

【AmazonAlexa搭載】ONKYOのスマートスピーカーP3(VC-PX30)をレビューします【PR】

スポンサードリンク

onkyo P3 VC-PX30

Amazon:ONKYO スマートスピーカー P3

*2018年 4月9日 追記

一部性能に関する記述に誤りがあったため修正しました。

今回レビューするのはONKYOのスマートスピーカー『P3』です。

Amazonで一般販売が始まって話題沸騰中のAmazonアレクサ搭載スピーカーですね。

本家のAmazonEchoに対してこちらは音質重視タイプとなっています。

デザインも良いし高音質ということで、個人的に前々から気になっていたものです。

それがなんとありがたいことにONKYOさんからサンプル機をお借りすることができました。

今回も良いところ・悪いところ、感じた部分は包み隠さずお伝えしていきます。

さっそくみていきましょう!

写真:大きさを他のAlexaスピーカーと簡単に比較

まずは正面から。個人的にこのデザインは凄く好きです。

f:id:catpaper:20180408041441j:plain

f:id:catpaper:20180408041445j:plain

上部に音量などの操作ボタン、背部に電源とWi-FI設定ボタン

f:id:catpaper:20180408041432j:plain

Echo Plusとの比較。大きさは結構あります。

f:id:catpaper:20180408041435j:plain

同じ高音質アレクサスピーカー『ALLURE』との比較。ALLUREより細身です。

音質は非常に良い!ガッツリ音楽視聴向き

音はめちゃくちゃいいです。

スマートスピーカーとして、というよりはBluetoothスピーカーなどと比べてもこの価格帯ではかなり上質なものでしょう。

豊かな音の広がりを感じますし、スマートスピーカーに多い360℃の無指向性ではないもののリビングのどこにいても良い音を響かせてくれます。

ただ、別の理由でリビングでの使用は個人的に余り向いてないかなと思います。

(理由は後述)

繊細な音の表現力も高く、特に深みのある上質な低音は目を見張るものでした。

DTS Play-Fi対応でネットワーク上の音楽を再生できることもあり、音質的には非常に満足度の高い音です。

(Bluetooth接続よりWi-Fi接続のほうが高音質で再生できます)

音量調節がアバウト気味な機種の多いAlexaスピーカーの中では細かく音量調節できるのも好感触です。

(1メモリの上げ下げの幅が大きい)

他のスピーカーは寝る時使うには最低音量が大きすぎるところがあるんですが、P3は寝室で使っても無問題。

ただ、Bluetooth非対応なのはちょっと残念なところですね。

オンラインに接続できないDAPなどの音を出すにはアナログ接続が必要になります。

(逆にWi-Fiを経由できるスマホなどの音源およびSpotifyなどの対応ストリーミングサービスの音源はOnkyo music control Appを使って高音質再生が可能)

まぁこのスピーカーを使う上で他の機器と接続する頻度はそれほど多くはないでしょうが、無いよりはあったほうが確実にいいわけで‥ね。

P3には2台使ってステレオ使用できるペアモードがあるんですが、この機能については試せていないのでわかりません。

この音質ならやる価値は十分に有ると思いますが、スマートスピーカーを2台並べて使うのってなんかもったいない気がしちゃいますよね。

ペア用のAlexa非搭載の廉価版を出してくれたらめちゃくちゃ良いかも?

Alexaの反応は遅く、マイクの感度も良くない

Alexaに呼びかけてから反応するまでは残念ながら遅いです。

遅いといっても数秒程度のことですが、多分これまで使ったスマートスピーカーで1番遅いかも‥。

また、マイクの感度もイマイチです。

呼びかけても結構無視されます。笑

ただ本家Echo以外のAlexaスピーカーは揃って応答音の設定ができないのですが、P3ではOnkyo music control Appで応答音の設定が可能となっています。

(応答音機能:Alexaに呼びかけた時にポンッと鳴る機能)

まずOnkyo music control Appを開き

  1. AmazonAlexaを選択
  2. 対象のAlexa対応デバイスを選択
  3. 設定画面でサウンドを選択
  4. 通知画面でリクエスト音にチェック

これで呼びかけたときの【ポンッ】音を出すことができました。

応答音のおかげで呼びかけ時のストレスは大分軽減されます。

後は指示内容をキチンと聞き取ってくれれば言うこと無いのですが。。

また、他のAlexaスピーカーは音楽再生中やニュースの読み上げ中に話しかけると再生音量を落としてマイクの集音に集中するのに対してP3ではそういった機能はない様子。

ごめんなさい、普通にありました。

呼びかけ中は再生音量を音量1(最低音量)に下げるようです。

最低音量から更に下げることはできないので音量1からの呼びかけでは変化しません。

 

マイクの感度やAlexaの反応がイマイチというのは細かい指示を頻繁に出す場合には中々やっかいなもので、メインスマートスピーカーとしてAlexa機能をガッツリ使っていくのはちょっと厳しいかなと感じました。

音楽をメインにニュースや天気を尋ねるくらいなソフトな使い方をおすすめします。

P3の評価:P3は良くも悪くも音楽を聴くためのスマートスピーカー

音楽を身近なものにしてくれるAlexaと高音質なスマートスピーカーであるP3は相性的にはかなり良いと思います。

『Alexa、音楽をかけて』

『Alexa、◯◯の曲を流して』

これだけで音楽を聴ける環境に高音質が加わるというのは本当に良いものです。

プライム会員は5000円引きの21000円台で買えるとあって(2018年4月現在)、単純に高音質スピーカーとしてみてもコスパは高いでしょう。

  • 高音質であること
  • 他のサードパーティAlexaスピーカーより細かな音量調節が可能(最低音量)
  • 無指向性(360℃)ではないこと
  • Alexaの反応やマイクの感度はあまり良くないということ

こういった特徴からリビングなどでメイン機としてドーンと居座るというよりは、デスクや寝室で相方として使用するほうが向いていると思います。

ネガティブな部分は当然わざとそういう風にしたわけじゃないと思いますが、とにかく良くも悪くも正面から音楽と向き合うためのスピーカーだな、と。

本気で音楽を楽しみたい方向けのスマートスピーカーだと思います。

スマートスピーカーとしてAlexaの機能をフルに使いたい人という人には残念ながら向きません。

逆に音楽再生が手軽にできる高機能で高音質なスピーカーと捉えられる人にはピッタリとハマるでしょう。

P3のレビューは以上となります。

購入を検討中の方の参考になれば幸いです!