僕は猫だった

猫飼いヘッドホンオタクによる雑記ブログ

【腕時計型スマホ】安くて多機能なスマートウォッチLEMFO LES1をレビューします!【Android5.1搭載】

スポンサードリンク

f:id:catpaper:20170808034853j:plain

先日買った3000円くらいの安いスマートウォッチがまるで使い物にならず凹んでいた猫居です。

それについてはまた別の記事で紹介するつもりですが‥。

今回は記事で紹介したいのは、Gearbestさんで取り扱っているLEMFOのLES1というAndroid搭載のスマートウォッチ。

非常に多機能で値段も1万円ちょい*1とかなり安く、デザインもいい感じ!

気になるなーと思ってお願いしたところサンプルを送っていただけたのです。

テレビデオ的な多機能商品に目がない自分としてはどストライクなアイテムでした。笑

スペック的には魅力しか無いスマートウォッチですが、実際のところはどうなのか詳しく解説していきます!

 

*1(Gearbestだと1万円前半、Amazonだと1万円後半くらいで販売されています)

・リンク

Gearbest:LEMFO LES1 

Amazon:LEMFO LES1

参考:【海外ガジェット通販サイト】GEARBESTの登録から購入までを解説します

写真レポート

外箱

f:id:catpaper:20170808012545j:plain

 

正面に見えるシールを剥がすと保護シートを保護している仮シートが剥がれます。

最初から保護シートで画面が保護されているのは良心的ですね。

f:id:catpaper:20170808012558j:plain

 

しっかり包装されいて傷などは無し。

f:id:catpaper:20170808012608j:plain

 

見た目のチープ感も無し。

赤ボタンがカッコイイ。赤ボタンの下はカメラです。

f:id:catpaper:20170808013656j:plain

 

同梱物。

充電用simを入れるためのドライバーまでついてました。

説明書は英語のみですが、この記事で使えるようになるまでの手順は解説していきます。

f:id:catpaper:20170808012622j:plain

LEMFO LES1に出来ること

  1. Android5.1を積んだスマホとしての機能
  2. 手持ちのスマホと連動させ、腕時計に通知させる機能
  3. 歩数や心拍数などを測る活動量計としての機能

細かい機能は販売ページで確認していただくとして、おおまかに3つの機能があります。

(参考:Amazon -LEMFO LES1スマートウォッチ)

僕が買って失敗したのは3の活動量計としての機能をもった安価なスマートウォッチです。

大手メーカーが3万~5万くらいで出してるスマートウォッチはスマホと連携する2と3の機能を持ったものが多いですね。

で、このLES1は2・3の機能の加えてスマホとしての機能を腕時計本体がもっていて1万円台で変えるコスパの良さを売りにした商品というわけです。

本当にAndroidとしてアプリをちゃんと使えるのか、カメラなどはどうなのかチェックしていきましょう!

Androidアプリはちゃんと使えるのかどうか

Androidを搭載していてもAndroidアプリがまともに使えなかったら意味無いですよね。

僕が試した範囲ではほぼすべてのアプリが使えて、本当に画面が小さいだけの普通のAndroidといった感じでした。

 

例えばYoutubeも

f:id:catpaper:20170808013421j:plain

 

AmemaTVも

f:id:catpaper:20170808013435j:plain

 

Radikoもいけます。

(最新バージョンでは動かなかったのでversion5.0.6を使用)

radiko.jp for Android 5.0.6のAndroid - ダウンロード

f:id:catpaper:20170808035020j:plain

 

 

しかしGoogleChromeはなぜか使えず。

インストールはできても起動はできませんでした。

代わりにFirefoxをインストール。こちらは普通に使用可能。

f:id:catpaper:20170808035054j:plain

通話はどうかチェック

f:id:catpaper:20170808013606j:plain

通話自体は可能でしたが、音が小さい。

イヤホンやヘッドホンをつけてマイクでの通話をおすすめします。

カメラはどうかチェック

f:id:catpaper:20170808035125j:plain

カメラも普通に使えました。

オブジェクトを追跡する機能もあり。

動画も撮れます。

撮影時の音はなし。

 

実際にLES1でカメラを撮影した画像もUPしておきます。

2Mなので粗いのかなーと思っていましたが、意外と綺麗に撮れます。

f:id:catpaper:20170808030203j:plain

(LES1で撮影した画像です)

 

しかし‥

時計にカメラついてて盗撮と間違われませんかね(;´Д`)

怖いので電車などでは着けたことありません 笑

初期設定と注意点

日本語対応。最初は英語なのでまず日本語に変えましょう。

言語は初期設定では英語になっています。

これを日本語に変える手順を解説します。

 

ホーム画面から右スワイプでメニュー表示。

settingsを選択します。

f:id:catpaper:20170808013828j:plain

 

Settings画面を開いたらLanguage & inputを選択。

f:id:catpaper:20170808013914j:plain

 

日本語を選べばOKです。

これですべての表示が日本語化されます。

f:id:catpaper:20170808013956j:plain

ネットワーク関連の設定(Wifi・Sim・Bluetooth)

f:id:catpaper:20170808014117j:plain

これはそれぞれの環境に応じて設定。

日本語になっているのでメニューから簡単にたどり着けます。

設定方法は普通のスマホやPCと同じですね。

(注意)Playストアへの接続

f:id:catpaper:20170808035241j:plain

WifiやSimの設定が済んでネットワークに繋がったらまず最初にやりたいことです。

キーボードに日本語がないのでGooglePlayストアで日本語キーボードをダウンロードする必要があります。

幸い、このLES1には最初からPlayストアが入っているので難しいことはありません。

ただ僕の場合はメニューから接続しようとしても接続できませんでした。

再起動することでアプリのバージョンUPや最適化などが自動でされて接続できるようになったので、もし繋がらないという方は再起動してみてください。

 

初回の再起動をすることで下画像のような画面が。

f:id:catpaper:20170808014428j:plain

キーボード設定を日本語入力できるものに変更

自分の場合はグーグル日本語入力をインストールしました。

アプリをインストールした後に設定でメインキーボードを変更です。

これも普通のスマホと同じです。

 

初期のキーボード。日本語がありません。

f:id:catpaper:20170808014232j:plain

 

これをGoogle日本語入力にかえると以下の通りに。

f:id:catpaper:20170808014322j:plain

(注意)アプリが立ち上がらないときの対処法

LES1ではほとんどのAndroidアプリを起動することができます。

しかし、何がまずいのかはわかりませんが一発で起動できないことがあります。

そういうときには

【設定→UninstallApplication→アプリ選択→データ削除→起動】

の手順で起動すると大抵の場合問題なくアプリが立ち上がります。

f:id:catpaper:20170808040020j:plain

【データを消去】の下にアプリ起動ボタンがあるので同じ画面からすぐに起動可能。

基本操作

共通操作

「戻る」は左スワイプ・物理ボタンはホーム戻り

赤ボタン長押し

f:id:catpaper:20170808035330j:plain

赤ボタン長押しで電源のOFF・再起動・タスク管理が可能です。

タスク管理から立ち上げたアプリをスワイプして画面外に飛ばすことでアプリを終了させることができます。

f:id:catpaper:20170808035353j:plain

ホームから右スワイプ

f:id:catpaper:20170808035424j:plain

メニュー表示。基本機能の呼び出し。

設定からアプリまで基本は右スワイプから始まります。

さらに右スワイプ

f:id:catpaper:20170808035447j:plain

メニュー画面からさらに右スワイプすると音楽再生アプリが表示されます。

ホームから左スワイプ

f:id:catpaper:20170808035502j:plain

通知。

スマホと連動させる場合、この通知が非常に役に立ちますね。

ホームから下スワイプ

f:id:catpaper:20170808035540j:plain

天気・気温。

GPS機能を搭載しているので今いる場所の天気・気温などを気軽にチェック可能。

この機能は普通のスマホにもありますが、腕時計型のほうがかなり便利に感じました。

ホームから上スワイプ

f:id:catpaper:20170808035613j:plain

通信状況・電池残量の他、日付・曜日・時間を表示。

上スワイプ状態から右スワイプ

f:id:catpaper:20170808035629j:plain

機内モード・Bluetooth・Wifi・位置情報などをワンクリックでON/OFF出来る画面。

通常スマホでもお馴染みの便利な管理画面ですね。

さらに右スワイプ

f:id:catpaper:20170808035644j:plain

歩数計を表示。

何歩歩いたか、何キロ歩いたかをチェックできます。

ホーム・時計フェイス画面の変更方法

f:id:catpaper:20170808035717j:plain

ホーム画面長押しで変更可能。

アナログ型からデジタル型まで種類が豊富。

天気や歩数計を表示できるものもあります。

アナログタイプは近くでじっくりみるとさすがにハメコミ感を感じたのでデジタルフェイスを使用しています。

不便に感じたこと

「戻る」の物理ボタンが無いこと

LES1を使っていて1番の不便に感じた部分。

アプリ内で左スワイプがメニュー表示に設定をされているものを使うとメニューを開けず戻ってしまうなどの誤操作に繋がることがあります。

残りの2つは腕時計型であることを考慮すれば仕方ないと思える範囲ですが、これはどうにかならなかったのかな~と。

アプリがうまく立ち上がらないときの対応

対処法は上の方で書いたとおりですが、この立ち上がらない現象が結構頻発します。

データをクリアするボタンとアプリの起動ボタンが同じ画面上にあるのでそれほど面倒ではないものの、一発で起動できればそれに越したことはないので。

見切れる画面

これはLES1の問題ではなく、時計型全体の問題ですね。

画面が小さいので仕方ないといえば仕方ないんですが。

しかし文字打ちは思ったよりは打ちやすかったです。

総合評価

Androidを積んだ腕時計型スマホなだけあってスマホと連動するだけのタイプよりかなり可能性を感じました。

画面のスワイプなどは普通のスマホと同様にヌルヌル動きます。

不満点で述べたように不便なところもあるにはあります。

ですが、「できない」のと「やろうと思えばできる」のは大きな違いがあります。

このLES1はスペック通りかなり多くのことを「やろうと思えばできる」端末といえます。

言うなれば【遊べるおもちゃ】でしょうか。

値段もこれが4,5万とかするなら買いたくないですけど、1万円台で買えますしね。

僕みたいなテレビデオ的な多機能商品が好きな人には結構おすすめです! 

遊べます!

 

・リンク

Gearbest:LEMFO LES1 

Amazon:LEMFO LES1

参考:【海外ガジェット通販サイト】GEARBESTの登録から購入までを解説します