読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は猫だった

猫飼いヘッドホンオタクによる雑記ブログ

保護フィルムと強化ガラスの違い【メリット・デメリット】

スポンサードリンク

f:id:catpaper:20160709154504j:plain

スマホの画面を保護するためのアイテムに保護フィルムと強化ガラスがあります。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、どちらを選ぶのが良いのでしょうか。

それぞれの特徴を簡単にまとめてみます。

保護フィルムのメリット

・安い

保護フィルムは薄いPET素材でできています。ペットボトルなどで使われているものと同じ素材でできているため安く購入することが出来ます。

・液晶への引っかき傷を保護

薄くても画面についてしまう引っかき傷などはしっかりガード。

液晶画面は非常に傷つきやすいので有効です。

・タッチ感度が落ちにくい

薄い保護フィルムの場合、タッチ感度に影響をおよぼすことが余り無いので違和感なく使えます。

・どんなケースにも合う

これも薄いことのメリットですね。ケースに干渉することがありません。

保護フィルムのデメリット

・貼るときに気泡が入りやすい

うまく貼らないと中に気泡ができてしまい不格好になってしまいます。

慎重に貼れば問題ありませんが・・・。

・強い衝撃からは守れない

気泡の問題を除けばこれが唯一にして最大のデメリットといえます。

引っかき傷はガード出来ても高いところから落ちた時の衝撃は防げません。

強化ガラスのメリット

・強い衝撃にも耐えうる強度

手元が狂って地面に落としてしまっても厚さのある強化ガラスなら液晶画面が割れずに済むことが多いです。

・貼りやすい

保護フィルムのように気泡が入ってしまうことは余りありません。

強化ガラスのデメリット

・高い

保護フィルムと比べるとやや値段が高いです。PET素材のフィルムに比べてこちらはガラスなので仕方ありませんね。

(あまり安い物の場合、衝撃を受けきれずに両方割れてしまう可能性があります。安価すぎる中国産などを使うのはやめましょう)

・タッチ感度が落ちやすい

感度が落ちにくい強化ガラス製品もありますが、基本的には感度が落ちるのは避けられないと思います。

・ケースを選ぶ

強化ガラスは厚みがあるので手帳型ケースなどの場合、ケースにはまらない・フラップが閉まらないなどの問題が起きます。

あとがき

こうしてみると強化ガラスはデメリットのオンパレードのようにみえてしまいますね。

しかしスマホの液晶が割れてしまえば数万円は修理や交換にお金がかかってしまうので、そのリスクから保護できるメリットは非常に大きいと思います。

保護フィルムでそういったリスクをケアする場合は手帳型ケースなどが必須といえるでしょう。