読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は猫だった

猫飼いヘッドホンオタクによる雑記ブログ

謝罪の仕方。時事問題から学ぶ失敗例。

スポンサードリンク

f:id:catpaper:20160724212025j:plain

謝罪の基本

仕事ではミスをしてしまって謝罪しなければならないケースはもちろんのこと、自分が悪くなくても謝罪しなければならないこともありますよね。

友達や家族間での喧嘩と違ってビジネスシーンでの謝罪は形式が存在します。

しかし「申し訳ございません」や「お詫び申し上げます」などの基本フレーズをわかっていてもそれだけでは乗りきれないことが多いです。

謝罪の基本は概ね以下の通り

  • きちんとした言葉で(基本フレーズ)
  • 真摯な態度で(表面的にみえない)
  • 非を認める(言い訳をしない)
  • 事態への対応を明確にする(同じ過ちを繰り返さない)

これらの基本を踏まえて最近の時事問題を振り返ってみましょう。

巨人賭博問題

チームの選手が野球賭博やギャンブルに手を染めていた問題。

球団としての管理不足を認め謝罪。徹底調査を約束し、結果これ以上の問題はなしと発表するもその後週刊誌にリークされ新たな賭博問題が噴出、信頼は地に落ちる。

-同じ過ち×

 

宮崎謙介議員不倫問題

男性の育休取得を推奨し、議員自ら育休宣言するも妻の出産入院中に不倫していたことが発覚した問題。

自らの過ちを認め、深々と謝罪。議員辞職を表明。

しかし謝罪に演出が過ぎた印象。演説のような力強い謝罪に違和感も。

-表面的謝罪×

 

ベッキー謝罪会見

ゲスの極み乙女のボーカル川谷絵音との不倫交際を週刊誌にリークされた問題。

再三の申し訳ありませんでしたの言葉も、川谷とは友人関係を主張。誰に何を謝っているのかがわからない会見となってしまった。

その後週刊誌に、友達で押し通す予定!笑 などの川谷とのプライベートなやり取りが暴露される。

結果的に謝罪会見がさらなる炎上をうみタレント活動を休止に追い込まれる。

-表面的謝罪・言い訳×

 

ゲスの極み乙女・川谷絵音の対応

妻がいることを隠しベッキーと不倫交際していた問題。

こちらもベッキー同様友人関係を主張。さらに会見ではなくFAXのみでの対応。それ以降は雲隠れ。自身のツイッターで誰に謝ればいいの?などの問題発言も。

-謝罪は対面が基本、謝罪の言葉× 態度× 言い訳× 対応×

全部×

 

なぜ謝罪はうまくいかないことが多いのか

最近の世間を騒がせた謝罪を振り返ってもやはりうまくいっていない例が多いように感じます。
ここ最近でうまく謝罪をしたと言われているのは甘利元大臣くらいでしょうか。

謝罪することで自分が責任を負いたくないという心理・自分と相手との間にある認識の差・そして何より謝罪しなければいけないシーンは突然やってくるということですよね。

頭真っ白になってすみません・すみませんと謝るばかりになってしまうなんて良くあることかと。

冒頭で書いたように、ビジネスシーンでの謝罪には形式が存在します。

状況に応じて謝罪の基本を踏まえしっかり対処できるようにしたいものです。

謝罪の本を読んでいてなるほどな~と思うことがたくさんあったので時事問題に照らして紹介してみました。